トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【トゥール市内観光】プチトランに乗ってみよう。

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【トゥール市内観光】プチトランに乗ってみよう。

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月31日



プチトランで市内観光



今回は、トゥール市内をのんびり走る「Petit Train プチトラン」に乗ってみました。プチトランの利点は、なんといっても、短時間で楽。市内観光のポイント箇所をざっと見ることができて、なんとなくの距離や位置も確認できるのが強み。観光案内の言語はフランス語又は英語で、日本語はありませんが、事前、トゥールの観光ポイントをチェックしたり、乗った後に、観光ガイドをみながら実際、歩いてみるのもよし。トゥール市内はとても小さいのでお勧めです。



1.jpg





プチトランに乗ってみよう!



通過ポイントは以下の通りです。 ①出発:ウートゥルー通りHEURTELOUP :観光局出て、駅のほうへと横断歩道1つ目を渡ったところが乗り場になります。 ②トゥール駅(Gare de Tours):1846年建築。トゥール出身ヴィクトール・ラルー設計(ファッサードのみ) ③トゥール市庁舎(Hotel de ville):1896年~1904年建築。ヴィクトール・ラルー設計 ④裁判所(Palais de justice) ⑤レ・アール(Les Halles):室内市場 ⑥ プリュムロー広場(Place Plumereu) ⑦サン・マルタン大聖堂 ⑧トゥール城 ⑨サン・ガシアン教会 ⑩出発地点に戻り終了





わかりやすい乗り場



2.jpg 駅からならば、Vinciコングレセンター(住所:26 Boulevard Heurteloup)に横断歩道を渡ると乗り場です。



プチトランの車内



3.jpg



通常3両で運行していますが、複数の国からの観光客が乗車した場合、観光客の言語別に車両が分かれます。走行中の観光案内は、アナウンスで流れます。フランス語・英語・イタリア語となれば、1両目フランス語、2両目英語、3両目イタリア語、といったように運転手さんが設定。もし4か国語目の観光客が乗車する場合は、写真のように、イヤホンを差し込んで個別設定になります。 ただ、日本語での観光案内がないため、事前に通過するポイントを把握して、チェックしておくとさらに分かりやすいです。



車内はサンルーフにもなっています。
7.jpg




lavue.jpg



プチトランに乗ってみる




さて、プチトランが走行し始めました。





10.jpg




出発して、すぐに右手に見えるのが、トゥール市庁舎。




8.jpg




トゥール市のメインでもあるナショナル通り。




9.jpg




そして、ちょうど運転席後ろに座っていたのでよく見えましたが、運転手さんが、観光ポイントごとに、運転しながら、「指差し」してくれています。ぜひ、運転手さんの指差しもお見逃しなく!



balade.jpg



最後は、サン・ガシアン教会です。 こちらでは、停車1分。下車して写真撮影ができます。 筆者も記念撮影を。



12.jpg



その他:乗車していると、途中、「乗ってもいいですか?」と途中から乗ってくる観光客もいましたが、一応「出発地点から乗車し、そのまま出発地点まで戻る」というのが基本になっています。



トゥール市内観光 プチトラン Petits Trains
・所要時間:40分
・出発地点:Heurteloup大通り(観光局前)
・チケット購入場所:トゥール・ヴァル・ド・ロワール観光局(カード支払)/現地運転手から購入(現金のみ)
・料金:大人・7€ 子とも(3歳~12歳)5€ ・2歳児まで無料
・最寄りの駅:サン・ピエール・デコール駅よりタクシー
・運行時間
4月-週末のみ:11時・12時・14時・15時・16時・17時
5月~6月:毎日:同上
7月~8月:毎日:11時・12時・14時・15時・16時・17時・18時
9月:毎日:11時・12時・14時・15時・16時・17時
10月:週末のみ:11時・12時・14時・15時・16時・17時
(運行時間は、デモ・道路工事などがあった場合は変更となりキャンセルになる場合もあります)
※出発10分前に乗り場に行く

掲載許可済

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

フリーフロリスト・草月流いけばな&アートフローラル講師。トゥール近郊在住。趣味はバルコニーでお花、野菜やハーブをプランターで育てています。どうぞよろしくおねがいいたします。インスタグラムはこちらです→ / / ロワール観光 / HP DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【トゥール市内観光】プチトランに乗ってみよう。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について