トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【レ・サーブル・ドロンヌ】灯台まで歩く・世界ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」の街から。

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員ブログ

【レ・サーブル・ドロンヌ】灯台まで歩く・世界ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」の街から。

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2019年3月31日

世界ヨットレースでも有名な「ヴァンデ・グローブ」をご存じでしょうか?2016年には日本チームも参戦。ヴァンデ・グローブ開催の街として知られているのが、今回ご紹介するLes Sabels d'olonnesレ・サーブル・ドロンヌ。同じロワール地方でも、大西洋側に位置する「Loire Atlantiqueロワール・アトランティック地方」と呼ばれ、Vandéeヴァンデ県に属する街です。

ヴァンデ・グローブのスタート地点でもあり、ゴールでもあるPort Olona オロナ港から出港して、
今日も漁船が海へ向かいます。
6.jpg

今回は、駅から赤い灯台 Phare rouge ファールージュに向かって、

5.jpg


さらに旧教会まで向かうサン・二コラまでの道のりを歩いてみます。


天候によっては、途中閉鎖されていることもある赤い灯台までの道のり、

2.jpg

今回は、めずらしく開放されています。
(左手に緑の灯台が見え始めてから撮影)

門を通過して、灯台めがけて歩いてみる。
海2.jpg

灯台まで到着。目の前には大西洋が広がります。
3.jpg

さて、灯台をあとにし、灯台を後ろにして左手に見える、サン・二コラ旧教会へ向かってみましょう。
7.jpg

こちらの階段がなかなか降りにくく、1段の高さが高いのと、1段の幅が狭くて、手すりにつかまりながら、滑らないように降りてみると、
kaeri.jpg

サン・二コラ旧教会までは岩にそって、平なコンクリートの道を歩くのですが、
柵がないため、滑らないよう、足元に気を付けること必須です。

ですが、ここからの景色は絶景です。
9.jpg

大西洋と太陽のみの写真も。
海1.jpg

サン・二コラ旧教会までは近いので安心。
10.jpg

今まで歩いてきた道を、サン・二コラ旧教会につづく道から眺めるも又良し。
11.jpg

今回、訪れたのは2月上旬で、観光シーズンではないため、人も少なく、海沿いを散歩する地元フランス人の方たちの姿を多くみかけました。街中のお店については、夏のみの営業店舗もあり、やはり冬季休業のお店も目立ちますが、観光シーズンの人の多さに比べると、のんびり時間を過ごすことができます。

レ・サーブル・ドロンヌ

パリ・モンパルナス駅からの所要時間
レ・サーブル・ドロヌ駅までTGV直行の場合(春は1日2本程度)→3時間30分
ナント駅で乗換の場合→4時間~4時間40分程度(乗継駅での待ち時間により所要時間も変わってきます)

※観光シーズンになると、パリ・モンパルナス駅からのTGVの本数も多少増えるようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

アンジボー由利子

フランス・アンボアーズ(アンボワーズ)特派員のアンジボー由利子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/アンボアーズ(アンボワーズ)特派員
名前:アンジボー由利子

アンジボー由利子

フリーフロリスト・草月流いけばな&アートフローラル講師。トゥール近郊在住。趣味はバルコニーでお花、野菜やハーブをプランターで育てています。どうぞよろしくおねがいいたします。インスタグラムはこちらです→ / / ロワール観光 / HP DISQUS ID @disqus_exGbdeYxuS

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

アンボアーズを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アンボアーズ(アンボワーズ)特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > アンボアーズ(アンボワーズ)特派員 > 【レ・サーブル・ドロンヌ】灯台まで歩く・世界ヨットレース「ヴァンデ・グローブ」の街から。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について