トップ > オセアニア > パプアニューギニア > アロタウ特派員 > パプアニューギニア ミルンベイ州に行く前にチェックして その1♬

パプアニューギニアパプアニューギニア/アロタウ特派員ブログ

パプアニューギニア ミルンベイ州に行く前にチェックして その1♬

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 投稿日:2018年11月13日

ミルンベイ州までの空路(※現在、陸路はありません)

image1.jpeg

 パプアニューギニア(PNG)のミルンベイ州までは空路が一般的です。というか、パプアのどの地方の主要都市に向かうとしても、首都のポートモレスビーから空路です。なぜ空路しかないか?これには様々な政治的な理由、自治体の要望、急激な開発の影響があり、地道な道路の建設よりも、空路が発達しました。大体、航空券は安い時期で片道15000円程度(通貨はキナ:440キナ~)首都ポートモレスビーには成田から直行便6時間半で便数は不安定な状況にあります(現在週一便になる予定か?)。そのほか、マニラ経由でフィリピン航空などが主要、国内路線はエアニューギニ、PNGエアが運航しています。

通貨トヤ・キナについて

image2.jpeg


パプアニューギニア(PNG)の通貨はトヤ・キナを使用します。1キナは現在33.32円(2018年度10月現在)硬貨はトヤ(5トヤ、10トヤ、20トヤ、50トヤ 硬貨に丸穴のあいた1キナ)紙幣(2キナ、5キナ、10キナ、20キナ、50キナ、100キナ)があります。

パプアニューギニア(PNG)の物価について

image3.jpeg

パプアニューギニア(PNG)の物価は、近隣アジア諸国から比べると正直、高いです。日本と同じくらいでしょうか。ここは大洋州に位置し、工業製品はほぼ輸入に頼らざるを得ない背景があります。ただ、輸入した食料品、工業製品以外の野菜、果物、魚介類は村落部に行けばほぼタダ!!というか果物などは森に落ちています。魚介類は仲良くなった村の人から直接買えば、その値段の違いに驚嘆するでしょう。都市部と村落部にはものすごい格差が生じており、本来、自給自足経済であり、貨幣経済が浸透しなくても生活していける地域なのです。

ミルンベイ州言語について

image4.jpeg

まず、パプアニューギニア(PNG)は超多言語社会です。これは世界中でも突出しています。彼らは、
あまりの多言語のせいで交易用として、ピジンイングリッシュ(ピジン語)を開発したほどです。ミルンベイ州では、一説によると、48~52言語あるといわれています。この国全体でいったい正確に何種類の言語があるのでしょうか。ミルンベイ州の州都アロタウでは英語の他にピジン語、タワラ語、ドーブー語、ミシマ語、スワウ語、キルウィナ語などが主要言語であります。ですから、現地人は英語と現地語を流暢に話します。現地では、たくさんの種類の言語の挨拶を楽しんでくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

古屋 唯生

パプアニューギニア・アロタウ特派員の古屋 唯生が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

パプアニューギニアパプアニューギニア/アロタウ特派員
名前:古屋 唯生

古屋 唯生

2018年7月より、パプアニューギニアの東端、ミルンベイ州、州都アロタウに2020年3月まで、青年海外協力隊、観光隊員として在住。私立高校や土建業を経て現在は県立高校の社会科教諭であるが、教壇を離れ、現在、任地の観光振興を担っている。ミルンベイ州の文化、自然、日々の生活を中心に発信中。州政府観光局が今の配属先であり、積極的に情報発信をしていき、パプアの魅力を伝えていきたい。また、この国の未整備の観光産業が地域の自然文化を保護し、すべての方々が楽しんでもらうことを目的としたい。 DISQUS ID @disqus_bvN6AYL5y1

アロタウ特派員トップにもどる

その他のパプアニューギニアの特派員

アロタウを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アロタウ特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > パプアニューギニア > アロタウ特派員 > パプアニューギニア ミルンベイ州に行く前にチェックして その1♬

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について