トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 【レシピ紹介】今が旬のイチジクをご飯用に煮てみました

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

【レシピ紹介】今が旬のイチジクをご飯用に煮てみました

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 自然・風景 投稿日:2022年5月23日

二か月ほど前に友人に教えてもらった友人宅のイチジクの木。

その時の実は少なかったのですが、4月後半になってたくさん実がついてきました。

たくさん摘んできたので今日はふっくらイチジク甘煮にトライ。

IMG20220519165314.jpg

皮が緑だから熟していないかと思うのですが、中は紫色で甘いです。

IMG20220505111035.jpg

1.洗って水けを拭き取ったらヘタを取ります(皮はついたまま調理します)
IMG20220519160845.jpg

材料:イチジク1kg
砂糖 イチジクに対して約1/5g
バルサミコ酢 10ml
しょう油 数適

山形県の庄内地方の特産のイチジク甘煮というレシピを参考に。イチジクの甘さとこちらで揃えられる材料で作りました。

砂糖をRAWシュガー、バルサミコ酢にすることでしっとりとした甘さになります。
甘いイチジクの時はお砂糖の量で調整。

2.鍋にイチジクを入れてお砂糖をかけます。

IMG20220519161321.jpg

3.お砂糖が溶けてきたらバルサミコ酢とお醤油をいれます。
落し蓋(私はクッキングシートを代用)をして中火。時々、鍋をゆすります。

IMG20220519163005.jpg


↑20分ほどするとイチジクに少し色が。

IMG20220519165044.jpg



↑更に中火で20分ほどすると、ふっくらしたイチジクになります。



完成!
IMG20220519165424.jpg

完全に熟したものよりも皮が少し硬めのほうが出来上がりの煮崩れが少ないと思います。

温かいご飯に乗せても美味しいですよ!

まだまだ続くイチジクレシピです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動。2020年コロナで世界の情勢が変わったことから、仕事の休止を余儀なくされた。そのタイミングでマインドフルネスと出会う。 学びを深め、人の心と体を繋げ自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして再スタート。 それらに加え、現在はカイロプラティックの技術とライティング(まじ文アカデミーゼロ期生として)を学んでいる。 アデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。 プライベートでは、写真・ヨガ・キャンプ・ウォーキング・クッキングを楽しむ。
Instagram : (写真とお料理のページ) mindfulnessgarden_33
公式サイト : (音声配信) https://stand.fm/channels/62a7278d0984f586c2eb1c3e
公式ブログ : ASAMI@心音KOKORONE https://note.com/sakurajpau DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 【レシピ紹介】今が旬のイチジクをご飯用に煮てみました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について