トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > オーストラリアでドイツ料理?

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

オーストラリアでドイツ料理?

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2022年3月24日

30℃以上が数日で終わった今年の夏、涼しかった南オーストラリア州です。

オーストラリアと言えば皆さんはどんなお料理を思い浮かべますか?

ヨーロッパからの移民者も多く、食文化も影響をかなり受けています。

オーストラリアの食文化としても有名なパブミールの中でも有名なのがシュニッツェルです。

もともとはドイツ料理。



こちらではパブで提供される食事の一つです。

277163706_2015174685357255_4699916029294840328_n.jpg

↑オーストラリアのパブミールとして定着したシュニッツェルとグレービーソース


●日本のカツに似ている?●
見た目は日本のカツに似ています。
違うのは、お肉をミートハンマーで叩いて薄くすること。
そして小麦粉・溶き卵・パン粉をつける
薄いので油で揚げるというよりは、少なめの油で焼くイメージです。

出来上がりのものにグレービーソースをかけていただきます。

●オーストラリアでは、鶏肉が人気!●
本場ドイツでは子牛肉を使うそうですが、こちらでは、鶏肉が人気だとか。
もちろんパブでは牛肉・鶏肉と選べます(豚肉はメニューにはないことが多いです)

●南オーストラリア州ではスペシャルデーが●
パブによって曜日は異なるものの、値段が少しお得になるシュニッツェル・ナイト。

●グレービーに秘密あり●
グレービーソースにも特徴が。
パブによってはたくさんの種類から選ぶことができます。

今ではオーストラリアの食文化の一つとして定着したシュニッツェルです。
MUSHROOM

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動。2020年コロナで世界の情勢が変わったことから、仕事の休止を余儀なくされた。そのタイミングでマインドフルネスと出会う。 学びを深め、人の心と体を繋げ自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして再スタート。 それらに加え、現在はカイロプラティックの技術とライティング(まじ文アカデミーゼロ期生として)を学んでいる。 アデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。 プライベートでは、写真・ヨガ・キャンプ・ウォーキング・クッキングを楽しむ。
Instagram : (写真とお料理のページ) mindfulnessgarden_33
公式サイト : (音声配信) https://stand.fm/channels/62a7278d0984f586c2eb1c3e
公式ブログ : ASAMI@心音KOKORONE https://note.com/sakurajpau DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > オーストラリアでドイツ料理?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について