トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 自分流の味でパイづくり

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

自分流の味でパイづくり

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2022年2月17日

オーストラリアの食文化を代表する料理のひとつがパイです。

パン屋さんでは、調理パンよりもパイのほうが多いくらい

IMG20220217093457.jpg

↑パン屋さんで売られているパイの数々

ビーフミートパイ、ポークパイ、ポテトパイなどなど

しかし、私が今まで食べたパイはどのお店も同じような味でした

今日は自分の味でパイづくりに挑戦!

用意するのは、中に入れる肉や野菜

そしてパイで一番大事なのがパイ生地

IMG20220217143405.jpg

↑スーパーマーケットで入手可能な冷凍パイ生地(左)とペストリー生地(右)

この日は、豚の角煮をトマトソースベースで味付けしたものを具材に用意

あとは、型に敷いたパイ生地に中身を入れて、ペストリー生地で蓋をするだけ


周りにはツヤだしで卵の黄身を塗っておきます。

200度のオーブンで約20分焼くとパイの表面はおいしそうな黄金色に

IMG20220213195035.jpg

↑焼きあがったところ

中身を自分流の味にできるのが嬉しいです。

IMG20220213195619.jpg

↑ナイフを入れると、中のソースがトローリ出てきておいしそう。

お店とはひと味違う自分流の味にしたいときは、やはり手作りが一番!

市販の生地ならば簡単に作れるのでおすすめです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動。2020年コロナで世界の情勢が変わったことから、仕事の休止を余儀なくされた。そのタイミングでマインドフルネスと出会う。 学びを深め、人の心と体を繋げ自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして再スタート。 それらに加え、現在はカイロプラティックの技術とライティング(まじ文アカデミーゼロ期生として)を学んでいる。 アデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。 プライベートでは、写真・ヨガ・キャンプ・ウォーキング・クッキングを楽しむ。
Instagram : (写真とお料理のページ) mindfulnessgarden_33
公式サイト : (音声配信) https://stand.fm/channels/62a7278d0984f586c2eb1c3e
公式ブログ : ASAMI@心音KOKORONE https://note.com/sakurajpau DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 自分流の味でパイづくり

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について