トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 10位から3位にランク入りしたアデレードの住みやすさとは?

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

10位から3位にランク入りしたアデレードの住みやすさとは?

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月10日

★2021年「世界で住みやすい都市」3位に選ばれたアデレード★

先日発表されたEIU(The Economist Intelligence Unit) の調査で、アデレードは世界でもっとも住みやすい都市3位に選ばれました!!

197767869_1801046623436730_5801659831248073504_n.jpg

春になると町がジャカランダ一色に、その中でアウトサイドを楽しむ人が増えてきます!
(写真は、飲みながら町を探索できるハンドルバーという乗り物です)

195306361_1801046726770053_1599701494779847439_n.jpg

アデレード市内探索、そしてビーチまでは、路面電車での移動が便利です

196668468_1801046650103394_8600762262969530169_n.jpg

DSC_7645.jpg

★夏の海!!はコバルトブルーです★

健康・文化・環境・教育すべての総合評価で96.4点を獲得。オークランド(ニュージーランド)・大阪(日本)に続いて3位となりました。

特に、健康と教育は100点のスコアを受けました。

そのアデレードに住んで15年、私自身が感じた「住み心地のよさ」そして、南オーストラリアに住む友人たちから聞く話のなかから、住みやすさの理由を探ってみました。



1. 広大な土地

とにかく広い!
アデレードから何百キロ離れていても南オーストラリア州(ちなみに私のいま住んでいるポートリンカーンはアデレードから約600km離れています)

DSC_9104.jpg

★誰の土地~?★

都市部を離れると、そこが個人の所有か市の土地かわからないほど広い。そんな広大な土地でのんびり放牧されている動物を見ていると、それだけでほっこりしてきます。

ランク入りした州都アデレードからは、アデレードヒルズに広がるワイナリーにも、ビーチへもショートトリップで行けます!

地平線から昇る朝陽や沈んでいく夕陽もきれいです。

DSC_3597_.jpg

196249273_1801046793436713_8964622166388571096_n.jpg

★ビーチに行くと地平線がきれいに見えます★



2. ワイン用ブドウの生産量がオーストラリア最大

南オーストラリア州の農産業で大きな割合を占めるひとつがワイン。
州内には200以上ものワインセラーがあると言われていて
バロッサバレー地区
クレアバレー地区
マクラレンベール地区

などの大きな地域は、地元民だけではなく観光客でもにぎわう場所です。タクシーや小型バスでワイナリーを周るツアー客もよく見かけます。

DSC_0990.jpg

195073344_1801046986770027_7054608758373654238_n.jpg

★町のあちらこちらにはワイン用のブドウ畑が広がります★


ところで、赤ワインと白ワインの生産量では、どっちが多いと思いますか? 答えは、赤です。
肉食が多い影響なのかもしれませんね。
(最新の国税調査では 赤ワインが約53%、白ワイン約45%の生産量となっています)
DSC_9414.jpg

★肉料理にはやはり定番の赤ワイン★

197275312_1801046940103365_3108618143355253678_n.jpg



3. 住む環境がコンパクト
中心部アデレードからは、東西南北に道路が広がっているんですが、ビーチへもヒルズへも距離にして約20kmくらい。気軽さからか、車はもちろん自転車愛好家にも人気で、週末ともなるとサイクリストの姿が。町にあるカフェは、そんなサイクリストでいっぱいになるんですよ。
日本のサイクリングのように食べ歩きは期待できません(笑)。それでもカフェでおしゃべりもなかなか楽しいものです。

IMG_209390684724617.jpeg

★カフェタイムを楽しみにサイクリングをする人も多い★


10151983_233719393502802_8305412668038133448_n.jpg

★町のあちらこちらにカフェが、週末になると自転車族でにぎわいます★



4. フェスティバルがいっぱいの州

オーストラリアの中でも、南オーストラリア州は「フェスティバル州」として有名です。現在は、コロナの影響で中止になったり、規模が小さくなったりはしています。そのときの事情に応じながらアウトドアを楽しむ人々の姿が。


DSC_2706_.jpg

★UCIのプロサイクリングレース・ツァーダウンアンダー★

IMG_20191018_115711.jpg

2年に一度行われるソーラーカーレース、スタートは北のダーウィンそしてゴールはここアデレードです。
日本を含め世界からソーラーカーが集まります。

そのほかにもOZAsia(アジアの祭典)・アデレードフリンジフェスティバル(アート・音楽フェスティバル)を始めとして、アート・スポーツ・音楽などがあります。ほとんどのフェスティバルが行政と市民のコラボによるもの。

そして、そんなイベントにつきものなのが、ワイン。ここでは、ワインを片手にイベントを楽しむということが常識なんですよ。

3位にランク入りしたアデレード、これから少しずつ見どころを紹介したいと思います!

(photo & txt : Asami)

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

神奈川県出身。マインドフルネス・ライフコーチ&マインドフルネス瞑想協会認定講師。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。観光ガイドそして留学生の伴走者・フォトグラファーとして活動をしていたが、2020年世界の情勢が変わったことから、それらの仕事の休止を余儀なくされ、そのタイミングでマインドフルネスと出会う。学びと実践を続け、瞑想協会認定講師となる。人の心と体を繋げ、自分探しの旅を続けながら、心の安定を得るためのサポーター・コーチとして現在活動中。
またアデレード特派員として、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市アデレードの魅力を発信中。
プライベートでは、写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングを楽しむ。
Instagram : asamikiduki
公式サイト : 「こころの源石」
公式ブログ : マインドフルネス・ガーデン DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 10位から3位にランク入りしたアデレードの住みやすさとは?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について