トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 南オーストラリア州境閉鎖、自己隔離ができない場合の違反金に驚き【2020年3月24日新型コロナウイルス速報】

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員ブログ

南オーストラリア州境閉鎖、自己隔離ができない場合の違反金に驚き【2020年3月24日新型コロナウイルス速報】

カテゴリー:お知らせ / お題 / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月24日

―――オーストラリア国内では、人が集まる場所の機能が停止しています―――

3月24日から南オーストラリア州と他州の境は閉鎖になります。

他州からに入るには、14日間の自己隔離が必要で、それができない場合は、2万豪ドルの罰金が生じます。
(一部医療従事者などは例外があります)

週末が明けてから感染者数が増大、2020年3月24日現在、
南オーストラリアは170名、オーストラリア全体では2044名となっています。

2020年3月20日から非永住者の入国禁止、そして次々に各州の州境が閉鎖されはじめています。

24日現在、タスマニア州、ノーザンテリトリー、南オーストラリア州、西オーストラリア州の境がすべて閉鎖されています。25日には、クイーンズランド州も閉鎖になる予定です。各州に入る際には、14日間の自己隔離が必要になっています。自己隔離ができない場合→南オーストラリアは2万豪ドル、また各州においての罰則金は異なっています。オーストラリア国内線についてもスケジュールに変更が生じていますので、各航空会社の最新の情報をご確認ください。

今後は、他州においても州境閉鎖が予想されますので最新の情報をご確認ください。

90588343_1430319897176073_4244959625973071872_o.jpg

↑スーパーマーケットには在庫切れの食材が段ボール箱で、倉庫から運ばれて山積みにされています。

 
各地で閉鎖が広がっています(海外からではなく、国内での州移動にも規制が出はじめています)。
★他州から訪れる際にも2週間の自己隔離が必要な州

・ノーザンテリトリー

・タスマニア州

新たに
・南オーストラリア州
・西オーストラリア州

(25日の予定)クイーンズランド州

★閉鎖の地域

ニューサウスウェルズ州ボンディ・ビーチ(Bondi Beach)

 

2020年3月24日現在の新型コロナウイルスの感染状況は以下の通りです。

これまでの感染者数は2044名(そのうち118名は完治、7名は死亡)

Department of Health

1888名の州の内訳

ニューサウスウェールズ州818名、クイーンズランド州397名、ビクトリア州411名、南オートラリア州170名、西オーストラリア州175名、タスマニア28名、オーラリア首都特別地域39名、ノーザンテリトリー6名
 

【買い物に注意】
感染者数が増え続けるなかで、買い出しラッシュが続いているのですが、その買い物も十分注意するようにと地元新聞では呼びかけています。

①店内に入る前と出る時には、ウエットティッシュ(店内に備えつけられているスーパーマーケットもあります)で手や、ショッピングカートの持ち手の部分を拭くこと

②マーケットのなかを歩くときには、ほかの人と距離をとるように。 

【スーパーマーケットでの購入制限】

オーストラリアの大手スーパーマーケットによると、一部アイテムはひとり当たりの購入制限があります。

(例)ひとり1パック:トイレットペーパー

ひとり2品まで:パスタ、小麦粉、お米、ペーパータオル、冷凍野菜、冷凍デザート、砂糖、液体せっけん、トマト缶、ほか

【アデレード市内にある公共施設は使用不可】

★アデレード市によると、すべてのアデレードコミュニティーセンター、図書館、アデレードアクアティックセンターは2020年3月18日をもってすべて一時閉館となっていますのでご注意ください。

2020年4月10~26日のスクールホリデーに図書館や公立の場所で行われる行事はキャンセルになったものが多いので、あらかじめ問い合わせておくことをおすすめします。

 

【海外から帰国された方、感染したかな?と心配されている方へ】

★★体調のすぐれない場合や新型コロナウイルス感染の可能性がある場合★★
海外からの入国などで新型コロナウイルスに感染している可能性がある、または体調が優れない場合は、病院に直接行かずに、必ず医療機関に電話で問い合わせて指示を受けてください。

→National Coronavirus Information Hotline(オーストラリア・コロナウイルス・インフォメーション・ホットライン)1800 020 080

→南オーストラリアでは(2020年3月24日現在)コロナウィルス専門病院が9ヵ所、ドライブスルークリニックが5ヵ所があります。

★市内病院

  • Royal Adelaide Hospital(ロイヤルアデレード病院)
  • Flinders Medical Centre(フリンダースメディカルセンター)
  • Lyell McEwin Hospital(リエル・マックイバン病院)
  • Women's and Children's Hospital(小児婦人病院)

★地方病院

  • Gawler Health Service (ガウラー・ヘルスサービス)
  • Kangaroo Island Health Service(カンガルー島ヘルスサービス)
  • Mount Barker Hospital(マウントバーカー病院)
  • South Coast District Hospital (南コーストダイレクト病院)
  • Yorke & Northern Local Health Network (ヨーク&ノーザンローカルヘルスネットワーク)

★ドライブスルークリニック

  • Ceduna
  • Repat Health Precinct
  • Port Augusta Hospital
  • Port Lincoln
  • Whyalla Hospital

【国内で初ドライスルーで新型コロナウイルス検査ができるようになりました】
オーストラリア国内で初のシステム→南オーストラリア州のSA pathologyによると新型コロナウイルス検査がドライブスルーでできるようになりました。
ただし検査のこのシステムを利用するには手順があります。

 
1.GP(主治医)から検査依頼を出してもらいます

2.検査室に電話(8222 3000)をすると、日時の予約を入れてくれます

3.検査依頼をFax(7117 5085)します

4.指定された日時に行って検査室のスタッフの誘導に従います

 

■SA pathology
・検査室の住所: Gate 4, 216 Daws Road
・検査日時: 月曜~金曜の8:00~16:30まで
※検査方法は上記の通り

【人が集まる場所は閉店・閉館】

政府による措置(在メルボルン日本国総領事館のサイトより)

*******

●3月22日夜,モリソン首相は記者会見し,23日正午から,レストランの営業停止など必要不可欠でないサービス停止措置のステージ1を発表しました。
●一連の措置は毎月見直されるものの、少なくとも6ヶ月継続する見込みであり、状況に応じステージ2の措置も検討される予定。
● ビクトリア州においては休暇が前倒しされ,3月24日(火)から学校は休みに入る。

【本文】
3月22日夜,モリソン首相は記者会見し,必要不可欠でないサービス停止措置のステージ1を発表しました。
1.首相府発表のメディア・ステートメントによれば,23日正午から停止されるサービス・施設は以下のとおりです。
 (1)パブ,クラブ(併設の酒屋を除く),ホテル(宿泊施設を除く)
 (2)ジム,屋内スポーツ施設
 (3)映画館,娯楽施設,カジノ,ナイトクラブ
 (4)レストラン及びカフェ(持ち帰りと宅配は除く)
 (5)宗教的な集会及び礼拝場及び葬儀場(閉鎖されたスペース。また,ごく少人数で,4平方メートルあたりに1人の規則が適用される場所を除く)。
2.一連の措置は毎月見直されるものの、少なくとも6ヶ月継続する見込みであり、状況に応じステージ2の措置も検討される予定。
3.州首相及び大臣は学期末まで学校が開かれていることについて合意した。但し、ビクトリア州においては休暇が前倒しされ,3月24日(火)より学校は休みに入る。
*******

○豪首相府のメディア・ステートメント
https://www.pm.gov.au/media/update-coronavirus-measures-220320  

カンタス航空 およびジェットスター航空
2020年3月下旬から2ヵ月の間、カンタス航空国際線を運休すると発表がありました。

またカンタス航空国内線については大幅な減便となりますのでご注意ください。

★バージン・オーストラリア

国際線については、2020年3月30日から6月14日まで運行停止となります。

全日空

日本航空

しかしながら状況により日々変化するので、特に国際便については予約の際に必ずご確認ください。またキャンセルの有無なども確認しておくことをおすすめします。

  

【参考リンク】

オーストラリア観光局(日本語)

南オーストラリア州を管轄する在メルボルン日本国総領事館からの新型コロナウイルスの注意喚起(日本語)

オーストラリア政府による情報(英文)

SA Healthによる情報(英文)

World Health Organization(WHO / 英文)

オーストラリアの入出国などビザについて(英文)

日本とオーストラリア間の国際線のフライト情報やブリズベンで体調が悪くなった場合は、こちらも参考に ブリスベン特派員ちえさんの記事

 

(文・フォト:さくら麻美/アデレード特派員)


〈地球の歩き方編集室よりお願い〉


海外に渡航する場合は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認
ください。状況、環境は日々変化しますので予告なしに入国制限などが実施されることも
予想されます。最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。


外務省海外安全ホームページ


厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

さくら 麻美

オーストラリア・アデレード特派員のさくら 麻美が現地からオセアニア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストラリアオーストラリア/アデレード特派員
名前:さくら 麻美

さくら 麻美

神奈川県出身。ビジョンフォトグラファーセラピスト&ツァーガイド。2004年からオーストラリアの中でも自然に恵まれた南オーストラリア州で暮らす。世界でも「住みやすい都市」の一つに選ばれている州都アデレードは、自然と人間の暮らしがとてもバランス良く保たれている都市。 この地の観光スポットからライフスタイルまで、様々な角度からお伝えしていきます。州の魅力、人気の秘密が皆さんに伝わると嬉しいです。 ※写真・音楽・ハイキング・キャンプ・スキー・クッキングが大好きです。
Instagram : asaminatureimages
Twitter : @SAKURAasamiSA
公式ブログ :「ハートでコミュニケーション」 DISQUS ID @disqus_CrVTYR19eS

アデレード特派員トップにもどる

その他のオーストラリアの特派員

アデレードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アデレード特派員トップにもどる

トップ > オセアニア > オーストラリア > アデレード特派員 > 南オーストラリア州境閉鎖、自己隔離ができない場合の違反金に驚き【2020年3月24日新型コロナウイルス速報】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について