トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 国境を越えた里帰り クロアチアのお隣の国「ボスニア」へ

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員ブログ

国境を越えた里帰り クロアチアのお隣の国「ボスニア」へ

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2013年5月11日

こんにちは!
しばらくクロアチアを離れ、おとなりの国ボスニア(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)にいました。


というのも、うちのクロアチア人ファミリーたちが生まれ育った国はクロアチアではなくボスニアで、
昔住んでいた家がボスニアに残っています。
そんなわけで、彼らは年に何度かボスニアの故郷の村に里帰りするのです。

617.JPG

(うちはボスニアへの里帰りはいつも車。。。写真はクロアチアとボスニアの国境)


クロアチア・ザグレブ特派員のブログですが、今日はボスニアについてお伝えしたいと思います。


クロアチアに住んでいる「クロアチア人」の中には、実はボスニアに故郷があるという人がけっこうたくさんいます。
私の彼も4歳くらいまではボスニアの村に家族と住んでいましたが、
ユーゴスラビア紛争が始まり家族の一部を亡くし、命からがら故郷を離れ、その後ドイツで数年間を過ごし、
現在はクロアチアで暮らしています。


(生まれ育った家の庭の一風景。家畜を飼う小屋がたくさん建っています。)


ところで、みなさんは「ボスニア」と聞いて、何を想像されるでしょうか?
きっと「ユーゴスラビア紛争」の悲惨なイメージを持っている方がほとんどなのではないのでしょうか。


ここでは説明しきれませんが、かなり簡単に説明すると。。。
「ユーゴスラビア」とはバルカン半島にあったひとつの連邦国家で、その国家の名称(ユーゴスラビア)は
「南スラブ人」を意味します。
「同じ民族、南スラブ人として独立し、ひとつの国家を作り上げよう」という信念をもとに築かれた国家でした。


しかし1991年に始まったユーゴスラビア紛争がきっかけで解体がはじまり、その後最終的には現在の
スロベニア、セルビア、モンテネグロ、マケドニア、そしてクロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの
6つの国に分かれました。

(次回の記事「7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字を持つ、1つの国家」 へ続きます。)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小坂井 真美

クロアチア・ザグレブ特派員の小坂井 真美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

クロアチアクロアチア/ザグレブ特派員
名前:小坂井 真美

小坂井 真美

学生時代にクロアチアに魅せられ、4年間で10回以上の渡航・短期滞在を繰り返す。2012年秋にザグレブに移住、現地より様々な情報を発信中。 クロアチア旅行に参考になる情報からザグレブでの生活模様まで、「アドリア海の真珠」 と呼ばれる美しいこの国を少しでも身近に感じていただけるようなお話をお伝えしてゆければと思います。個人ブログでもザグレブより色々発信中。
facebook DISQUS ID @disqus_QZCpoDNYAi

ザグレブ特派員トップにもどる

その他のクロアチアの特派員

ザグレブを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ザグレブ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > クロアチア > ザグレブ特派員 > 国境を越えた里帰り クロアチアのお隣の国「ボスニア」へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について