トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ワイマール特派員 > ワイマール原産の犬、ワイマラナー

ドイツドイツ/ワイマール特派員ブログ

ワイマール原産の犬、ワイマラナー

カテゴリー: 投稿日:2018年6月26日

ワイマラナーは日本ではあまりなじみのない犬種かと思います。カール・アウガスト大公が猟を好み、猟犬として活躍したこの犬がワイマラナーと名付けられたそうです。彼が活躍したのは1757年から1828年です。それ以降ドイツで血統を守られ貴族しか飼育が許されない、貴族のための犬として扱われていたという歴史を持ちます。現在は一般市民でも飼うことができる犬になりました。町を歩いているとたまにワイマラナーを見かけるとこができます。
DSCN5398.JPG
先日、散歩中の子供のワイマラナーに遭遇しました。そしてあまりの可愛さに散歩中の飼い主さんに声を掛け写真を撮られせてもらいました。小さいのにお座りもできるいい子でした。ワイマラナーは耳が垂れ、毛は短いのに柔らかく、グレーのようなベージュのような上品な毛色を持つ大型犬です。猟犬なので運動量が多いこと、他人に対して警戒心が強いことなどもあってか飼い主の方は2年ほど飼育を悩んだそうです。
DSCN5397.JPG
本当にかわいくていい子だったワイマラナー、また偶然街で会いたいです。個人的な話ですが、いつか飼育環境を整え家族に迎えるのが夢です。
ドイツの犬事情ですが、日本よりもしっかりしつけされていると感じます。リードなしで歩いてる人を公園などでたまに見かけますが、飼い主に従いほかの犬がいても離れません。そして電車はもちろん、めがね屋さんやレストランにも犬と入店できます。道中には犬の糞のためのゴミ箱と袋があり、犬の糞を道端で見かけることはあまりありません。犬の扱われ方がドイツ国内でも地域によって異なるのもおもしろい点かと思います。以前、ベルリンに住んでいたのですがワイマールに比べるとベルリンはもっと犬が自由に扱われていました。ドイツに旅行で来た際には犬の種類や扱われ方を比べながら各都市を回ると違った楽しみ方ができるかもしれません。そして、ワイマールでは是非ワイマラナーをさがしてみてくださいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

サナ

ドイツ・ワイマール特派員のサナが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ワイマール特派員
名前:サナ

サナ

現在はドイツの田舎町ワイマールに在住。日本ではアロマテラピーを学びハーバルセラピストの資格を取得しながらハーブやアロマ、自然派のスキンケア商品の販売員をしていました。過去二年間オーストラリアでの生活を経験しながら、タイ、インドネシア、ハワイなど世界中旅をしてきました。昨年ラスベガスで入籍。バックパッカーを引退し今はドイツ語を習得するため語学学校に通っています。 DISQUS ID @disqus_sC7UwnZFqd

ワイマール特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ワイマールを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワイマール特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ワイマール特派員 > ワイマール原産の犬、ワイマラナー

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について