× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > 【穴場スポット】セオドア・ルーズベルト島の自然を満喫

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員ブログ

【穴場スポット】セオドア・ルーズベルト島の自然を満喫

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年5月12日

ワシントンDCとバージニア州の間を流れるポトマック川にある、セオドア・ルーズベルト島にハイキングに
行ってきました。この島はその名の通り、26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトの功績を記念する公園と
なっています。


バージニア州Rosslyn(ロズリン)から出ている橋がこの島への唯一のアクセスです。島内へは車や自転車の進入
禁止なので、ロズリンの橋の近くまで車、自転車で行くか、地下鉄ロズリン駅から徒歩で向かいます。


ロズリン駅周辺はオフィス街となっており都会的な雰囲気となっています。
IMG_4419.JPG


ロズリン駅から10分程度歩くと、ロズリンの都会的な雰囲気とは対照的に、自然豊かなセオドア・ルーズベルト
島に到着します。
IMG_4396.JPG


この橋を渡って、いざ島内へ。
IMG_4398.JPG
橋を渡って島にたどり着くと森が広がっています。


島全体はこんな感じです。
IMG_4413.JPG
島自体は小さく、徒歩1時間程で1周することができます。地図の絵にも書いてありますが、運が良ければ野生の
鹿に出会うことができます。


島に入って少し歩くと、セオドア・ルーズベルト大統領の像があります。
IMG_4403.JPG
像の周りに石碑が建っており、ルーズベルト大統領が残した名言が彫られていました。島の主な観光スポットは
ここだけなので、あとは島の自然を満喫するのみです。


道はこのように緑が生い茂っているため、気温が高くても、森の中は日影が多く、涼しくて歩きやすかったです。
IMG_4415.JPGIMG_4407.JPG
リスはいたのですが、残念ながら鹿に出会うことはできませんでした。ちなみに、ワシントンDC近郊の住宅街に
は野生のリスがいます。見た目は可愛いリスですが、狂暴で不衛生ということで、アメリカでは嫌われている
みたいです。


島の東部は湿地帯となっており、橋で湿地帯を通り抜けます。
IMG_4417.JPG


島の北側からはワシントンDC北西部に位置するジョージタウンが見えます。
IMG_4410.JPG


1時間ほど歩いてスタート地点に戻ってきました。


この島は旅行ガイドなどに載っていない為か、観光客はほとんどいませんでした。地元の方々がランニングして
いる程度なので、人が少なく、のんびり過ごすことができました。
観光で疲れた方は疲れを癒しにセオドア・ルーズベルト島を訪れてみてはいかがでしょうか。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

momoko

アメリカ・ワシントンDC3特派員のmomokoが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員
名前:momoko

momoko

夫の仕事の関係でワシントンDCの隣に位置するヴァージニア州に在住。ワシントンDCや近隣の州は魅力的なスポットで溢れている為、期間限定のアメリカ生活を充実させるべく、見ごたえのある観光名所や、ガイドブックに載っていない穴場、美味しいレストランを焦って探索中。趣味は旅行。アメリカ滞在中はアメリカ国内や近隣国を旅行する予定。アメリカ横断も計画中。多くの旅行経験を活かし、旅行者目線のおススメ情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_6eBW4ST04v

ワシントンDC3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > 【穴場スポット】セオドア・ルーズベルト島の自然を満喫