トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > アメリカの日焼け止め事情

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員ブログ

アメリカの日焼け止め事情

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2018年5月10日

ワシントンDCでは春の訪れを感じる間もなく急に気温が上昇し、日差しも強くなり、すでに夏のような天候なの
で、出掛ける際はサングラスと日焼け止めが必須となっています。


旅行する際、日焼け止めを持ってくるのを忘れたり、旅行中に無くなったりして、旅行先で日焼け止めを買い
求めることもあると思いますが、日焼け止めってただでさえ種類が多くて悩むのに、さらに英語表記となると余計
どれを選べばいいかわかりませんよね。そこで、今回はアメリカで日焼け止めを買う際に役に立つ情報をご紹介
したいと思います。


IMG_4380.JPG
まず、アメリカで日焼け止めを探していて驚いたのがSPF(Sun Protection Factor)の値です。日本では最高
でもSPF50しか見たことがありませんが、アメリカではなんと、SPF100の日焼け止めが売られています。
IMG_4384.JPG
SPF50を塗っていれば安心だと思っていたので、SPF100が必要なのか気になりますよね。


そもそもSPFとは

SPFはSun Protection Factorの略でシミやそばかす・皮膚がんの原因となるUVBをカットする力を示して
います。
SPFの数値は日焼け止めを塗らない時と比べてUVBをカットする時間を何倍に延ばすことができるかを
表しているので、SPF値が高い方がUVBをカットする時間を延ばすことができます。
ちなみに、SPFが1の時、20分間UVBをカットする効果があるみたいなので、単純に考えるとSPF100の場合は、
20分×SPF100=2000分(30時間以上!!)UVBをカットする効果があるということになります。


もちろんSPF100を使用していれば長時間UVBをカットすることができますが、その分、肌への刺激が強いことも
あるので、刺激が気になる方はSPF50くらいのものを購入してこまめに塗りなおせば問題ないと思います。


続いて、アメリカの日焼け止めには、日本の日焼け止めに表記されているPA値の表示が無いことに気が付き
ました。日本ではなんとなくPA+++など+が多いものを買っていれば安心と思っていたので、PA+の表記が無い
ことに不安を感じると思います。


PAとは

PAはProtection Grade Of UVAの略で皮膚を黒くしたり、シワなどの原因となるUVAの防止効果を表して
います。
つまり、SPFが皮膚がんなどを防ぐのに対し、PAは肌の色が黒くなることを防ぐ効果を示しています。
+表示が多い方が防止効果が高く、PA++++がUVA防止に最も優れているということになります。

ただ、このPA値ですが、日本で使われている基準のようなので、アメリカの日焼け止めには表記が無い
みたいです。
では、どうやってUVA防止効果を判断するのか疑問に思うと思いますが、
IMG_4385.JPG
IMG_4386.JPG
少し見辛いですが、画像のようにUVA ProtectionやBroad Spectrum(効果の範囲を表す)UVAなどと表記されているので、日焼けで肌を黒くしたくない方は上記の表記があるかを確認して選ぶようにしてください。


アメリカ旅行中に日焼け止めを現地調達することになった際は是非参考にしてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

momoko

アメリカ・ワシントンDC3特派員のmomokoが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC3特派員
名前:momoko

momoko

夫の仕事の関係でワシントンDCの隣に位置するヴァージニア州に在住。ワシントンDCや近隣の州は魅力的なスポットで溢れている為、期間限定のアメリカ生活を充実させるべく、見ごたえのある観光名所や、ガイドブックに載っていない穴場、美味しいレストランを焦って探索中。趣味は旅行。アメリカ滞在中はアメリカ国内や近隣国を旅行する予定。アメリカ横断も計画中。多くの旅行経験を活かし、旅行者目線のおススメ情報を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_6eBW4ST04v

ワシントンDC3特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC3特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC3特派員 > アメリカの日焼け止め事情

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について