トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > ドラゴンロールに天ぷらロール!アメリカの「江戸寿司」で超モダンな巻き寿司を食べてみる

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員ブログ

ドラゴンロールに天ぷらロール!アメリカの「江戸寿司」で超モダンな巻き寿司を食べてみる

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年7月31日

久しぶりにお寿司が食べたくなったので、7,8年前に行ったことがあるジャパニーズ・レストランへ行ってみました。江戸寿司(Edo Sushi) というこのレストランで息子の誕生日を祝った時、「ラブ・ボート(love boat)」とネーミングされたパーティ用の舟盛のお寿司をオーダーしたことがありました。

ちょっとずつつまむのに便利なのはやはり弁当ボックス(BentoBox)と呼ばれるランチメニュー。

Edo lunch.png

日替わりのこの日(水曜日)の弁当ボックスは、枝豆、刺身、握り寿司(ホワイトイエローテール、ぶりのようです)、カリフォルニア・ロール、ゴールデン・ドラゴン・ロール、サーモンの照り焼き(やや甘め)、餃子のセット。枝豆の代わりに別の野菜が入っていても良いかなとも感じましたが、大体ペロリと平らげることができる位の丁度良い量です。お刺身とイエローテールの握りの鮮度は抜群でした。


Edo sushi.png


そして、この大皿には超アメリカンな巻き寿司の数々が!巨大な揚げ寿司(右)に思わずぎょっ!一口では食べきれない大きさのよう。。。巻いたお寿司を天ぷらにするという発想は、巻き寿司を考え出した人には想像できなかっただろうなあと思わず感慨にふけってしまいます。

帰宅後yelpにカスタマーが投稿したレビューと画像 を見てみましたが、なかなかの評判!ハート型のお寿司などもあるのですね。

初めて訪れる旅行者の方は、日本の寿司屋でお寿司を食べるような感覚では注文できないような珍しいネーミングの巻き寿司が多いことや、注文したつもりの寿司が自分がオーダーしたものとは違うものに見えることにまずびっくり仰天するかもしれません。メニューに画像が載っていても、自分の味覚には馴染みのない料理が出てくることもあります。
人種のるつぼのアメリカでは、日本人ではないアジア系のオーナーの方が経営しているお寿司屋さんも多いので「ところ変われば品変わる」と割り切って、想像力を駆使して様々なお寿司にトライしてみていただきたいと思います。お土産話には事欠かないアメリカの巻き寿司の数々に、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょう?!
   ❖   ❖   ❖
【データ】
江戸寿司(Edo Sushi)
住所:53 East Padonia Road Timonium, MD 21093
(Padonia Village Shopping Center)
☎ 410-667-9200
営業時間:月~木曜日 11:30~21:30 金曜日 11:30~22:30 土曜日 12:00~22:30 日曜日12:00~21:30
ロケーション・マップはこちら!

にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

舞林鳥 恵

アメリカ・ワシントンDC特派員の舞林鳥 恵が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/ワシントンDC特派員
名前:舞林鳥 恵

舞林鳥 恵

80年代後半から日米間を往復する暮らしを始め、現在DCから小一時間の田舎町で夫とのふたり暮らしを満喫しています。カントリーライフの醍醐味をHappyNest in Americaにて配信中。ワシントンDC周辺の観光名所や魅力的な穴場スポットの情報をお届けします。 DISQUS ID @disqus_Dj9ROBhyrP

ワシントンDC特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

ワシントン(コロンビア特別区)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ワシントンDC特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > ワシントンDC特派員 > ドラゴンロールに天ぷらロール!アメリカの「江戸寿司」で超モダンな巻き寿司を食べてみる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について