トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年10月 2日

古座川町小川地区にある滝の拝 を見た後、先にお昼を食べに行ったのですが、ブログの方はこのまま古座川上流に向かって進んでいきます。


00.jpg


古座川に架かる潜水橋


滝の拝から県道43号線を戻って今度は明神橋を渡らず、そのまま真っすぐと道なりに県道38号線を走りました。


DSCN6330am.jpg


古座川本流に沿って上流へと車を走らせると、川に欄干の無いシンプルな橋が架かっているのが見えます。


DSCN6321am.jpg


この橋が「潜水橋(せんすいきょう)」と呼ばれる橋で、別名沈下橋とも呼ばれます。
柵などが無く、川が増水すると橋は水面下に見えなくなるという、いわゆる川の中に潜ってしまう橋です。
それによって、流木などによる倒壊を避けられるようになっています。
高知県の四万十川の沈下橋は有名ですよね。
和歌山県内では富田川の沈下橋も知られています。


蘇った潜水橋


潜水橋は古座川のシンボル的な存在なのですが、


P69010187am.jpg
(2006年9月撮影)


1961年に完成した潜水橋は、2006年の6月の大雨で橋脚10本が流されて一部倒壊などの被害を受けました。


Py69010082.JPG
(2006年9月撮影)


安全のために撤去の計画があったのですが、


P4020665am.jpg


町民から保存を求める声が相次ぎ、町は復旧を決定し2009年3月に完成しました。
潜水橋は、そんな地元の方々に愛されている橋なのです。


今回の台風では橋が無事で良かったのですが、この辺りは浸水し、水は引いていたものの道路から潜水橋へ行く細い道がぬかるんでいてとても歩ける状態ではありませんでした。
しかも周辺では復旧作業中で大変だったと思うので、この日に訪れたのがなんだか申し訳けないような気分でした。


潜水橋を渡ってみよう!


P4020658am.jpg


道路から下って来た潜水橋の渡り口です。
潜水橋まで行けなかったので、画像は過去の画像で紹介させてくださいね。


P4020659am.jpg


コンクリートでしっかりした橋なので吊り橋のように揺れる心配は無いのですが、歩けても柵が無いので心許無く、恐る恐る歩いた麻巳子です・・・。


P4020678am.jpg


なんとか無事に渡りきりました。
その先へ行く予定は無かったので来た道を引き返すことにしました。


P4020695.JPG


自転車で渡って行かれた方もいられましたよ。


P4020670.JPG


橋の途中から眺めた古座川上流です。
心地よいせせらぎと水面がキラキラと輝いてきれい。


P4070638.JPG


古座川はカヌーが有名で、この橋の下をカヌーは通って行くそうです。


P4020681.JPG


橋の下に少し瀬があるのでカヌーは注意が必要なのだとか。
確かにここは浅い感じがするので、ここはどうやって通るのかしら?と思ってしまいました。


郷愁の原風景


P4020687.JPG


潜水橋から上流に向かって左手奥に見える山は「三山冠(さんざんかん)」と呼ばれる山です。


DSCN6326am.jpg


三山冠には3つの頂があるので、ほんとうに「山」の字を連想してしまいました。
また土地の人はまるで中国のミニ桂林のようだと、三山冠と親しみを込めて呼んでいるのだとか。


山のふもとの集落は水田地帯で「潤野(うるうの)」と呼ばれています。
川が絶えず氾濫していたころには、この辺りの田畑はよく冠水していたので、潤野と呼ぶそうです。
今はダムができているので、余程の大雨でない限り潤野になることはないそうですよ。


*これが若衆組の宿!? 大正モダンな「互盟社」 (こちら)
*何コレ!? 奇岩の「虫喰岩」 (こちら)
*古座川に浮かぶ島全体が神社の「河内島」 (こちら)
*悲恋の話が伝わる「少女峰」 (こちら)
*まるで岩に咲く牡丹の花 「ぼたん岩」 (こちら)
*柿太郎の廻り (こちら)
*秘境の珍しい滝 「滝の拝」 (こちら)


<潜水橋>


・所在地 和歌山県東牟婁郡古座川町明神148
・見学自由

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 古座川のシンボル潜水橋と三山冠の風景

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について