トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 紀州漆器を知るなら「うるわし館」へ

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

紀州漆器を知るなら「うるわし館」へ

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月17日

紀州漆器の歴史と伝統があるまち・海南市黒江。
今では少なくなりましたが、今も漆器問屋があり職人さんもいられます。
紀州漆器の本場・黒江で伝統の紀州漆器を見たり、漆器店を訪ねてお土産選びをするのも楽しいですよ。


「うるわし館」で紀州漆器にふれよう!


DSCN9311am.jpg


紀州漆器のまち並みに建つ「うるわし館(紀州漆器伝統産業会館)」は黒江の中心的な建物です。


DSCN9332am.jpg


館内では紀州漆器の展示販売や紀州漆器の魅力を紹介し、黒江の観光案内も行っています。
気軽に立ち寄れるのでぜひ訪れたい施設です。


懐かしい道具が展示


DSCN9301am.jpg


軒下のこの漆の木は岩手県浄法寺町から贈られたそうです。
漆自体とんな風にして採取するの?という感じなのですが、漆の木に幾筋もの横傷をつけて採るのですね。
傷から滲み出る樹液を集め精製した漆が漆器の塗料になります。


DSCN9286am.jpg


大きな桶のそばに展示されている道具は漆濾し機(うるしこしき)です。
このレトロな道具は大正時代から昭和初期にかけて使用されたものだそうで、木から採った漆の不純物を取り除くためにこの機械で濾したそうですよ。


DSCN9316am.jpg


「くろめ桶」とよばれる大人でも入れるような大きな桶が展示されています。
夫と大きさを比較するとその大きさが分かりますね!


木から採取したままの漆は、ゴミなどをまず濾過してから、斜めに立てかけたこのくろめ桶に入れます。
天日や炭で温めながら長いヘラでかき回し、クロメ(天日や炭で温めながら水分を蒸発させること)とナヤシ(ヘラで掻きませて漆の成分を均一にすること)を同時に行いました。
これが漆の精製だそうです。


DSCN9321.JPG


長い荷車の上には桶が並べられていました。


DSCN9326am.jpg


気になって桶の中を覗くと漆で真っ黒で、長年使い込まれいた感じがあって歴史を感じました。
今では見られることが少なくなった昔の古い道具って興味深いです。


次は館内を紹介させていただきたいと思います。


<紀州漆器伝統産業会館 うるわし館>


・住所 和歌山県海南市船尾222
・電話番号 073-482-0322
・営業時間 10:00~16:30
・休日 お盆・年末・年始
・入館料 無料
・駐車場 有り (無料)
・うるわし館HP http://www.chuokai-wakayama.or.jp/sikki-k/index.html


・アクセス 
*JR黒江駅より徒歩約20分
*和歌山バス黒江バス停より徒歩5分

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 紀州漆器を知るなら「うるわし館」へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について