トップ > 日本 > 和歌山特派員 > のこぎりの歯状の家並み

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

のこぎりの歯状の家並み

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月11日

漆器の街・海南市黒江の家並みはのこぎりの歯のようにギザギザに並び、どの家にも三角形の空き地があるのが特徴です。
それは荷車を置く場所だったとか、漆器を乾かす場所だったとか、町中に川が流れていたので、漆器などを運ぶ船を係留するために家を斜めに建てたからだとか諸説あるのですがその真相は・・・?


DSCN0612am.jpg


のこぎりの歯状の独特な景観


黒江のメイン通り「川端通り」から一歩中へ入ると、のこぎり歯状の家並みを見ることができます。


P49180119an.jpg


家は四角なのですが、家の並びがズレてのこぎりの刃のようにギザギザになり、その前に三角形の空き地ができています。


P5030083.JPG


これは江戸時代に漆器の繁栄とともに手狭となった黒江の入り江を徐々に埋め立て、地形の問題から平行四辺形の区画となった敷地に住居兼工房を建てたことにより各敷地に三角形の空き地ができました。
これが真っ直ぐに連なることで「のこぎりの歯状のまち並み」が形成されるようになったそうです。


P49180120am.jpg


現在は家の建て替えなどにより昔のような家並みは少なくなりましたが、歩いていると昔の黒江を感じることができます。


DSCN9663am.jpg


こちらは黒江地区では珍しいレンガの家です。


DSCN9669am.jpg


漆の旧精製工場だったとか。
今は閉鎖され内部を見ることはできないのが残念です。


黒江の古い家並み


DSCN9349.JPG


道の角に金毘羅大権現がお祀りされています。
どうしてこんな所に金毘羅大権現が?
昔はこの近くまで海が来ていたのかな?
と思っていましたが、やはり昔、船着き場があったようです。


DSCN9350.JPG


金毘羅大権現の横のこの路地を入って行くと古い家並みが見られます。


DSCN9414.JPG


紀州連子格子、杉板や漆喰壁、丸瓦の低い屋根が続く、懐かしい風景が見られるお気に入りのスポットでここはぜひ訪れたい場所です。


DSCN9356am.jpg


この通りに面した池庄漆器店さんは、黒江独特の町家の面影を残している漆器店です。
明治9年(1877)創業の老舗店で、築200年の建物は丸瓦やつし二階が特徴の国の登録有形文化財となっています。


DSCN9370am.jpg


黒江ぬりもの館は、江戸時代の塗師の漆器工房跡で、漆器や雑貨を販売する古民家カフェとなっています。


DSCN9407am.jpg


こちらの家の窓は、虫籠窓のある家です。


DSCN9410.JPG


意匠を凝らした建物を見て歩くのも楽しいですよ。
ノスタルジックな黒江のまち並みを、ぜひ散策してみてくださいね。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > のこぎりの歯状の家並み

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について