トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 紀州漆器のまち黒江

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

紀州漆器のまち黒江

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月 8日

紀州漆器(和歌山県)・会津(福島県)・越前(福井県)・山中(石川県)といえば、日本の四大漆器産地です。
紀州漆器の産地として栄えた海南市黒江(かいなんしくろえ)は、今も紀州漆器の伝統を伝えており、古い街並が残っています。


室町時代より続く歴史ある紀州漆器


黒江の漆器造りの歴史は古く、室町時代に木地師たちが紀州の良質な木材を求めて集まったのが始まりだといわれています。
豊臣秀吉の紀州攻めによって黒江に落ち延びた根来寺の僧侶たちにより黒江に「根来塗り」の技術・技法が伝えられました。
江戸時代には紀州藩の保護を受けて繁栄し、蒔絵技術などの進歩とともに黒江塗りは全国に知られるようになります。
昭和53年(1978)に紀州漆器は国から「伝統的工芸品」として指定を受けました。


昔は川だった川端通り


DSCN9339.JPG


この広い通りは「川端通り」といい黒江のメインストリートです。
今では上が覆われて暗渠となり当時の面影はありませんが、大正時代末期までは道路の中央に堀があり川が流れていました。
堀の両側には漆器問屋が軒を連ね、この堀を利用して船で港まで漆器製品を荷出しされていたそうです。
川端通りという名前はその名残です。


DSCN0004.JPG


今でも川端通り沿いには漆器問屋が数軒ありますし、昔は漆器問屋だったと思われる古い建物も見ることができます。


DSCN9444.JPG


どのお店も開店時間には早かったのですが、店内では素敵な漆器製品が販売されています。


うだつのある家


DSCN0001.JPG


川端通り沿いに2軒並ぶように「うたつ」のある家が建っています。


DSCN9421.JPG


ご存知の方も多いと思いますが、「うだつ」は町屋の妻壁の横に張り出した袖壁のことです。
装飾の意味もありますが、防火壁として作られました。
昔、黒江に住んでいた母の話では、黒江は火事が多かったと言っていました。
塗り終えた漆を乾燥させるのに、温度を保つように灯明をともしていたため火災が多発したようです。


DSCN9425.JPG


黒江の漆器が繁栄していたころを思い巡らさせます。


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 紀州漆器のまち黒江

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について