トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 県境を飛び越えよう!

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

県境を飛び越えよう!

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年10月20日

「万葉のまち」として知られている橋本市は、和歌山県の北東部に位置し、奈良県五條市に隣接しています。


万葉の宮廷人たちは、海のある紀伊国(和歌山県)に憧れをもっていました。
大和国(奈良県)の都から紀伊国へ向かった万葉の人々は、紀伊国に入る最初の峠「真土山(まつちやま)」を越えました。
真土山に流れる落合川には「飛び越え石」があり、そこを渡れば国境を越え、紀伊国に入りました。


DSCN0370.JPG


真土山は奈良県と和歌山県の県境にある山ですが、和歌山県橋本市隅田町には真土という地名が今も残っています。
今回は真土から飛び越え石を訪れてみました。


DSCN0397.JPG


入口には飛び越え石への案内板などもあり、整備されているので分かりやすいかと思います。


DSCN0415.JPG


坂を下ると開けた場所に出て、田園風景が見える長閑な道を歩いて行きました。


DSCN0430.JPG


周辺の道沿いには万葉歌碑が建立されており、橋本市には万葉歌がいくつか残されています。
万葉の人々は色々な思いを胸に、踏み入れた紀伊の地を歩いたのでしょうね。


DSCN0458.JPG


さらに進んで行きます。
以前にも飛び越え石に来た事があったのですが、久々に訪れたので思っていたより距離を感じました。


DSCN0470.JPG


下って行くと川の音が聞こえてきて落合川が見えてきました。


P4250231am.jpg


飛び越え石はすぐそこです。


DSCN0478.JPG


飛び越え石です。
石というより岩場のよな感じで浸食岩だそうです。
突き出したふたつの石の間を川が流れています。


DSCN0484.JPG


川の上流は渓谷の雰囲気抜群です。


DSCN0531.JPG


ふたつの石の間が県境で左が奈良県、右が和歌山県になります。


DSCN0518.JPG


上から見ると思ったより幅が広く、跨げそうではあったけれどバランスを崩して川へドボン!は嫌だったので、飛びました!


DSCN0540.JPG


奈良県側は飛び越え石を渡るとすぐに山中に入る坂道となっています。


DSCN0508.JPG


先がどんな風になっているのかもう少し歩いてみたかったのですが、蜘蛛の巣がひどくて先へ進むのを諦めました。
先へ行くには虫のいない季節に訪れたいなと思いました。


後日、夫談。
「奈良の特派員さんと飛び越え石で出会えばいいのに」


いつかこんな風な日が来ることを願いつつ・・・・


P4250259an.jpg


夫と飛び越え石で握手です。



<飛び越え石>
・住所:和歌山県橋本市隅田町真土

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 県境を飛び越えよう!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について