× 閉じる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 由利のなれずし

日本国内日本国内/和歌山特派員ブログ

由利のなれずし

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2017年9月25日

紀州和歌山名物のひとつに「なれ寿司」があります。


DSCN2676am.jpg


なれ寿司は和歌山県の郷土料理です。
和歌山県中部の有田や日高地方の人々が、昔から秋祭りの行事食として作られたサバのなれ寿司が伝承されています。
和歌山県でも北部や中部はサバのなれ寿司ですが、南部はサンマ寿司の方が有名かもしれませんね。


なれ寿司とは、お酢を使わずに発酵させて作られるお寿司のことです。
なれを熟れ、馴れと漢字で書くと意味が伝わりやすいかな?
塩飯に塩サバをのせて、アセ(暖竹)の葉に巻き、桶に漬け込んで発酵させたものです。


DSCN2675am.jpg


有田川町で巨峰狩りをし、道の駅の明恵ふるさと館で焼き鳥を買った後、今度は同町に建つ由利(ゆり)さんを訪れました。
和歌山市内のスーパーなどでも由利さんのなれ寿司は販売されているのですが、せっかくこちらの方まで来たので本場の美味しいなれ寿司を買って帰りました。
画像後ろの建物も由利さんですけれど、手前のフードストアーで買うことができます。
店内はなれ寿司専門店というよりは、昔の地元のスーパーといった感じで、日用品などの雑貨も販売されています。


DSCN2699am.jpg


由利さんのなれ寿司です。1本417円。


DSCN2700am.jpg


こちらは早寿司です。1本417円。


一般的に早寿司は、なれ寿司と同じようですが製法が全く違うものです。
同じサバ寿司なのだけれど、早寿司は発酵させたものではなくて、ご飯に酢を混ぜた酢飯です。
浸ける期間も数時間から一晩と期間も短いようです。


DSCN2752.JPG


きれいな緑色をしたアセの葉に巻かれています。


DSCN2758.JPG


こちらはなれ寿司です。


DSCN2771.JPG


比較してみると色の違いが分かり、どちらがどちらなのか一目瞭然です。


DSCN2773am.jpg


早寿司です。
サバの切り身に生姜が乗っています。
中華そばのお店で食べる早寿司より大きく、甘さも控えめな感じがします。
なれ寿司のように発酵させていないので食べやすくて、以前食べた時より、酢、塩加減がまろやかで美味しかったので1本一気に食べてしまいました。


DSCN2788am.jpg


なれ寿司です。
なれ寿司は臭いとよくいわれますが、発酵しているので独特の匂いはあります。
乳酸醗酵・・・匂いのきついチーズやヨーグルトをイメージしていただければ。


DSCN2789am.jpg


なれ寿司と早寿司を比べてみると、


DSCN2806am.jpg


すし飯の違いが分かりやすいですね。
なれ寿司の方がすし飯がネットリといった感じなので、匂いだけでなく食感も苦手な方がいられるようです。
けれど旨味があるのはなれ寿司の方だとツウの方は言われますので、好みが分かれるところですが、和歌山へお越しになられたら一度食べてみてくださいね。
案外クセになるかも!?


* 由利寿し *


・住所 和歌山県有田郡有田川町井口70
・電話番号 0737-52-2071


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

麻巳子

日本国内・和歌山特派員の麻巳子が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/和歌山特派員
名前:麻巳子

麻巳子

生まれも育ちも和歌山県和歌山市の麻巳子(まみこ)です。 和歌山県内を主に夫と車で巡り撮影しています。 県内の市町村は全て巡っていますが、訪れるたびに感動や魅力を発見しています。 そんな素敵な和歌山を紹介させてくださいね。 DISQUS ID @disqus_5nr9x4fAx4

和歌山特派員トップにもどる

和歌山に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

和歌山特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 和歌山特派員 > 由利のなれずし