トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2015年8月 4日

★ロケットフェスティバルPhongsali pii mai festival .jpg乾季のおわり、まだ陽ざしが厳しい5月に、ラオス各地の水田では米づくりが始まります。水牛やトラクターを使って田を起こし、その傍らでは苗床の準備もありました。
いま、一家総出の田植えです。
日本を含むアジアの米作地帯では、田植えの前の季節に雨乞いのお祭りが繰り広げられます。ラオスではおお空に手製のロケットを打ち上げます。空の霊を怒らせて、雷を落とさせ雨を呼び込もう、という狙いです。この「雨乞いのロケット祭り」は5月下旬から6月にかけて各地の村々で開催されます。
特に首都近郊でその名を知られているリンサン村のロケット祭りは勇壮です。首都の北およそ50㎞、国道10号線のバーンクンから西に10㎞ほどのこの村のロケット祭りはその規模が大きいことから「百万発ロケット祭り」Bang Fai Larnとよばれ、当日は首都圏の人たちも見物にやってきます。

★ロケット祭りバンクーン女装した男たち.jpg村中の人々がラオラーオやラオカーオといった地酒に酔いしれながら、自慢のロケットをトラックで運搬していきます。雨の霊の逆鱗に触れるために、口紅とおしろいで女装した男性たちが先頭にたっておどけて踊ります。

★ロケット祭りバンクーントラックで運搬.jpg村のお寺に持ち込まれた大型・中型・小型の3つのカテゴーに分けられた手作りロケットは満艦飾。色とりどりの布やペンキが施されています。

田んぼの真ん中に設置された発射台から手製のミサイルは次々と天空に放たれます。毎年どこかでけが人が出ています。発射台に近づきすぎるのは危険です。
大型・中型の部は装飾と飛距離でコンペが行われ、発射に失敗したグループは隣の田圃に投げ込まれることになっています。
ロケット祭りの願いが通じたのか、祭りが終わるころ、判で押したように村には雨のしずくが落ち始めました。

(註)リンサン村のロケット祭りは5月下旬です。祭りの日取りはひと月ほど前に新聞に掲載されます。近年は子どもたちの学校が休みの土日に開催されることが多いようです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > ビエンチャン近郊リンサン村のロケット祭り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について