トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(4)名物料理

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

サイソムブーンの旅(4)名物料理

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2015年8月 1日

★★特産スープP1070473.jpg山に暮らすサイソムブーンの人たちがつくる鶏肉のスープを食べさせてもらいました。その名はカイトン・トゥーン・ヤー・モン(ローマ字で書くとKaiton Toon Ya Mong)で、作り方はいたって簡単。タラートで地鶏と野菜を買ってきて、なべで煮込む、というもの。調味料は塩と魚醤(ナム・パー、タイ語だとナム・プラーとなる)や魚を発酵させたパーデークだけです。
一旦炭火で炙るか、または蒸して火を入れた鶏肉を一口大に切って、野菜とハーブたっぷりのなべで煮る、とてもさっぱりした紫色をしたクリア・スープです。味の特徴は紫色のハーブが決め手のようでした。

★新鮮なタケノコP1070532.jpg雨季の特産は山で採れるタケノコ。市場(タラート)でも、幹線道路の沿道でも盛んに売られていました。

★アヌウォン洞窟入り口 Chao Anouvong Caves.jpg忘れてならないのは、アヌウォン洞窟の見学です。アヌウォン市の中心からわずか5㎞、削り取ったように切り立つ絶壁に入り口が二つあります。古くからの伝説で、村を守る王の守護霊がいることになっています。道ができ、歩道が整備さ、ツーリストに解放されました。いずれラオスの人々のお参りスポットになるでしょう。

★田植えの風景 700ピクセル DSC_0433.jpg

7月初旬は谷の田圃は田植えの真っ最中でした。

③③サイソムブーン県地図.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(4)名物料理

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について