トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間

カテゴリー:交通・鉄道・航空 投稿日:2015年8月 1日

★サイソムブーン行きバスP1070405.jpgビエンチャンとサイソムブーン県の県都アヌウォーンを結ぶバスは、「普通バス」が、毎日1便運行されているだけです。急行バスEXPRESSやエアコン付きバスVIPはありません。
 普通バスは各村々に停まるので時間はかかりますが、途中で乗り降りするローカルの人たちや風物を観察するのが楽しみです。

★すれちがいのバスDSC_0416.jpgビエンチャンからアヌウォーン市への下りのバスは、ビエンチャンの北バス・ターミナルを朝7:30に出発します。反対に上りバスはアヌウォーン市を同時刻に発車します。運賃は片道8万キープ(約1,200円)です。上りバスも下りバスも最終目的地への到着は午後4時ころで、両市からのバスは、ちょうど昼ごろ、山の中ですれ違うことになります。
※ラオス国内の長距離バスのバス・ダイヤは往路も復路も同じ時刻に両端の都市を出て、中間地点ですれ違い、おのおのの目的地に同じ時刻に着くことが多いです。


★道路事情DSC_0360.jpgバスは13号線をボリカムサイ県パークサン方面に向かい、ターボックで早めの昼食休憩をとったのち、左折してローンサーンからホムへ向かいます。雨季の旅なので道路の状況を心配しまたが、途中、ごく一部、ぬかるんでいるところもあるものの、おおむねしっかり舗装されていました。山をいくつも超えることになるこの250㎞のルートは大型バスだと8時間かかりますが、乗用車なら4時間半で走破できるそうです。

★プービア・ホテルP1070472.jpg陽の傾きかけたころ、ようやくアヌウォーン市到着。最終バス停はタラート(市場)でした。市にはホテルが3件、ゲストハウスが6件ほどあります。これからは旅行者を目当てに増えていくでしょう。私のとまったプービア・ホテルのシングル1泊はバス代と同じ8万キープでした。標高が先メートルを超えるこの町ではエアコンなしで十分です。

③③サイソムブーン県地図.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(2)普通バスで8時間

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について