トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(1)扉は開かれた!

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

サイソムブーンの旅(1)扉は開かれた!

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル 投稿日:2015年7月29日

色つき谷間写真サイソムブーン市675ピクセルXaysomboun T.jpg

①①山の上からの写真.jpg
ラオス全土はビエンチャン都を含め17県で構成されていましたが、2013年12月31日に、ビエンチャン県の北、シエンクワン県の南、そしてボリカムサイ県の西の部分を切り取って、18番目の行政区としてサイソムブーン県が誕生しました。

私は雨季真っ最中の7月初旬にこの地域に始めて足を踏み入れました。4回に分けてレポートします。

②サイソムブーン県の位置650P.jpg
③③サイソムブーン県地図.jpg
サイソンブーン県の県都アヌウォーン市は、首都ビエンチャンの北、直線距離にしてわずか100km、そのまた北50kmにはシエンクワン県ポンサワーン市があります。にもかかわらず、ラオス軍とモン族との小競り合いが続き軍の管理下にあったため、この地域は最近までツーリストの入域は制限されていました。

③ラオスは戦場だった(表紙).jpg
1760~70年代に当時のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディーは、推し進めたベトナム戦争で、南ベトナムとラオス王国派を支援するため、この山中に米軍の秘密基地をつくり、山岳民族のモンを大量に傭兵として雇い、北ベトナムへの空爆を続けました。
最終的には米軍が敗退したので、この地には多くのモン族が取り残され、現政権のモン族掃討作戦に対してゲリラ戦で抵抗していたのです。詳しくは「ラオスは戦場だった」(めこん出版)に詳しく出ています。

④プービア鉱山.jpg
その混乱もようやく一段落したのを機会に、軍の入域制限が緩和され、新しい県の誕生となったのです。産業開発が遅れていたこの地域はラオスでも最貧地域でしたが、露天掘りで金と銅を産出するプービア鉱山(写真)と水力発電が期待できるナムグムダムの開発で、注目を浴びるようになり、幹線道路が整備され、国内外からの開発投資が急ピッチで進んでいます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソムブーンの旅(1)扉は開かれた!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について