トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソンブン県を走ってみました

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

サイソンブン県を走ってみました

カテゴリー:お知らせ / 旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 投稿日:2014年1月17日

国道1Dブログ地図.jpg
ビエンチャン~シエンクワン間の早道として期待されている1D号線の全線舗装化は2013年4月に終わったばかりで、地図上のピンクの部分は真新しい道で通りやすくなっていました。ただし舗装化が5年ほど前に終わっていた赤い線の部分はアスファルトが老朽劣化し、むしろ未舗装より走りにくい状態です。
以前は特別区とよばれ、険しい山道が続き、日本の外務省も「渡航注意」とするほどの陸の孤島状態だったサイソンブン地区は、素晴らしい自然に出会えると口コミで噂になっていたところです。先日、調査という大義名分をいただき、2014年1月1日県として昇格したサイソンブン県を貫く国道1D号線を車で走ってきました。

国道1D谷間の自然ブログ.jpg
1Dを走っていると時たま道沿いに美しい川が見え隠れします。北の山岳地帯から南下してパークサンでメコン川に合流する二本の川の、左(西)はナム・ギアップ川(Nam Ngiap)で右(東)はナム・サン川(Nam San)です。その谷間を縫うように走る1Dは両側に田んぼや畑が続きます。

国道1Dがけ崩れブログ.jpg
舗装化は終わったばかりの1Dは、あちこちに土砂崩れやがけ崩れが起こっています。ときに補修中の箇所では片側通行になっていて長い車列が信号待ちをしています。昨年も雨季にはたびたび寸断され、通行困難に陥っていました。しばらくは修繕が繰り返されることでしょう。


国道1D素晴らしい舗装路ブログ.jpg
この1Dルートはビエンチャンからシエンクワンへの近道です。従来の13号線からプークーンで右折して5号線を進むルートが10時間はたっぷりかかるのに対し、パークサン経由の1D号線なら所要8時間ということになっています。実際はもう少し時間がかかるでしょう。


ビエンチャン南バス・ターミナルから定期便も運行されています。VIPバスの夜行寝台もありますが、ぜひ、昼間の素晴らしい景色を堪能してください。
普通バス:ビエンチャン発6:30am 8:30am (110,000kip)
VIPバス:ビエンチャン発20:30pm (Sleeping Bus 150,000kip)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > サイソンブン県を走ってみました

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について