トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 一方通行で渋滞解消を図るビエンチャン

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

一方通行で渋滞解消を図るビエンチャン

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2013年8月28日

一方通行になったファーグム通り.jpg
 経済成長が著しいラオスでは、いま自動車の急増がもたらす交通渋滞の緩和が懸案となっています。もちろん、地方都市ではそれほどのことはありませんが、首都ビエンチャンでは出勤時間の朝8時台、家に帰って家族と昼食をとる12時台、退勤時間の5時台は街の各所で信号待ち渋滞が発生し始めました。
 メコン川沿いのファーグム通りの渋滞緩和のために、8月26日から実施された東から西への一方通行で、ファーグム通りの渋滞は解消されたかに見えます。多くの車がまだ一通実施に対応できず、今まで通り、右車線だけを恐る恐る走っていました。

混み合うセタティラート通り.jpg
 ところが、その隣を平行に走る西から東への一方通行のセタティラート通りは、ラッシュアワーともなればほとんど動かない状態となり、さらに渋滞に拍車がかかってしまいました。
 ビエンチャンの人口はつい6年ほど前は60万人だったのですが、いまは80万人に近づいています。モーターバイクを含めると登録されている車両の数は58万台に達し、輸入車両は今年前半7か月だけでも4万台近く増えたそうです。そういえば、日本も1960年代に同じような交通渋滞を体験しましたね。ビエンチャン市内の道路と駐車場の整備が急がれます。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 一方通行で渋滞解消を図るビエンチャン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について