トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 雨季のくだもの-2

ラオスラオス/ビエンチャン特派員ブログ

雨季のくだもの-2

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2011年7月 8日

フルーツヘブンのくだもの棚.jpg
「フルーツ・ヘブン」の店先には、季節のくだものがラックいっぱいに陳列されています。マンゴー、パパイヤ、メロンやスイカも見えていますが、これらは旬の果物とは言い難い。バナナやココナッツは一年中採れます。
いま、安くておいしい旬のくだものはパイナップル、ドラゴン・フルーツ、マンゴスチンです。そのまま食べるのもよし、ジュースでもシェークでも、お好み次第で頼めます。

雨季のくだもの(2)フルーツ・ヘブン正面.jpg
フルーツ・ヘブンは文化センターに突きあたるヘンブン通りに面しています。ツーリストや駐在の外国人もよく来ています。オープンな店構えで、私の嫌いなエアコンはありません。
いつもはラオス式のブラック・コーヒーかライム・ジュースを頼むことが多いのですが、今回は旬のくだもので作ったシェークを頼もうと思います。何を入れてもらっても8000キープ(約80円)です。

マンゴスチン5個.jpg
何にしようか迷ったのですが、おいしそうなマンゴスチンを見つけました。ゴルフ・ボールより少し大きくて、木の肌を思わせるこげ茶色の殻につつまれています。爪で簡単に剥けます。中からは白いやわらかい果肉が房になって現れます。

マンゴスチン。シェークを作る.jpg
マンゴスチンをジュースやシェークにしてもらう人はいないようで、お店の人にいぶかしがれました。マンゴスチンは、そのまま食べることが多いのです。
さて、どうやってつくるかな、検討中の店員たちです。

マンゴスチン・シェーク.jpg
なかなかさわやかなおいしさでしたが、やっぱりマンゴスチンはその食感が楽しみだということが分かりました。

熱い太陽から逃れて、一休み、フルーツ・ヘブンで憩う、というのはいかがでしょう。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ふじた あきお

ラオス・ビエンチャン特派員のふじた あきおが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ラオスラオス/ビエンチャン特派員
名前:ふじた あきお

ふじた あきお

ビエンチャン特派員トップにもどる

その他のラオスの特派員

ヴィエンチャンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ビエンチャン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ラオス > ビエンチャン特派員 > 雨季のくだもの-2

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について