× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員ブログ

クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年1月30日

Michaelerplatz-pferd-vertikal-600.JPG

こちらのブログで紹介しようと思いつつ年を越してしまったのですが、昨年ウィーン保父ブルク王宮前のミヒャエル広場に突如出現したのがこちら。
エレガントな雰囲気を纏いながらもどことなく怪奇さを感じさせるこの馬の銅像は、ポーランド人アーティストのAndje Pietrzyk氏によるもので、高さ9m、重さは16トンにも及ぶのだそう。

Reiterstatue-karl-600.JPG


以前ウィーン特派員ブログでも紹介したカール大公のものを筆頭に、ミヒャエル広場をはじめとするホフブルク王宮の敷地は騎馬像の宝庫。(参照記事「ホフブルク王宮にある奇跡の騎馬像とは 」)
そんな数々の勝利の歴史と確固たる未来を人々に思い起こさせる騎馬像群に交じり、台座も騎手も一切なしという、一種異例のこちらの銅像は、「歴史と民主主義」という根っことへその緒によりふわりと空に浮かびあげられており、勇気・自由・偏見の克服が表現されているのだとか。
最初はその奇抜な外見に興味がひかれましたが、思いのほか深いコンセプトが織り込まれていたようです。

Michaelerplatz-pferd-800.JPG

残念ながらこちらの展示は既に終了してしまいましたが、ウィーンではいつもどこかしらで、こうしたおもしろいストリートアートを見かけることができます。
また何か見つけた際にはこちらでお知らせしますね!

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員のライジンガー真樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員
名前:ライジンガー真樹

ライジンガー真樹

スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

ウィーン特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

ウィーンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > クラシカルな本物の馬車に交じってモダンで怪奇な馬の銅像が!