× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > ウィーン街中の耽美な建築デザイン、エンゲル薬局へ

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員ブログ

ウィーン街中の耽美な建築デザイン、エンゲル薬局へ

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2016年4月30日

ウィーンにはバロックやゴシック建築が数多く残されていますが、それらと並んでつとに有名なのが"ユーゲントシュティール"と呼ばれる19世紀末~20世紀初頭に花開いた芸術スタイル。絵画や建築のみにとどまらず、インテリアや彫刻、家具調度品、織物など、幅広い分野で活動が展開されていました。
ウィーンではグスタフ・クリムトやオットー・ヴァーグナーなどがよく知られていますが、今回紹介したいのは、オスカー・ラスケ氏の手による"Apotheke zum weißen Engel"こと、「エンゲル薬局」。

Engelapotheke-mit-turisten-600.JPG

ウィーン旧市街のグラーベン通りとコールマルクト通りの交差する位置から、ほど近い場所にある古めかしい薬局です。
外壁には、大理石とモザイクづくりの美しいエンゲル(天使)2体が装飾されており、ご覧の通り、各国からの観光客にも人気の観光スポットの一つとなっています。

Engelapotheke-apothekezeichen-600.JPG

こちらはオーストリアの薬局の印。ギリシャ神話に登場する医学の守護神エースクラップ(Aeskulap)のイニシャルと彼の飼い蛇、および彼の娘であり、薬学の象徴でもあったヒュゲイアの杯とで構成されたユニークなエンブレムです。

Engelapotheke-zoom-600.JPG

よく見ると、エンゲル自体も盃を掲げていますし、手にはエースクラップの蛇が巻き付ているのが見て取れます。

Engelapotheke-schlange-600.JPG

外壁上部にも、ユーゲントシュティールの蛇が二匹。


一方店内に目を移すと、重厚ながらもどこか温かみを感じさせる、ダークブラウンの木材造り。かつての設えをそのまま残したような懐かしい調度類と雰囲気がいかにもウィーンらしく、現代的かつ無機質な日本の薬局とは対極の趣きを楽しむことが。
薬剤師さんは一見とっつきにくさが先行するものの、悩みを相談したり、薬について質問を重ねると、親身になって相談に応じてくれるのが嬉しいところ。


ウィーンの薬局では薬のほかにも、珍しいハーブ系のキャンディ類やバスソルトなど、おもしろいものが見つかるので、よければ一度覗いてみてくださいね。ホフブルク王宮やショッピングストリートからも近くて、アクセスも抜群ですよ!



Apotheke zum weißen Engel
住所:Bognergasse 9, 1010, Wien

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員のライジンガー真樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員
名前:ライジンガー真樹

ライジンガー真樹

スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

ウィーン特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

ウィーンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > ウィーン街中の耽美な建築デザイン、エンゲル薬局へ