× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > こんな駅見たことない!オットー・ヴァグナーによる、ユーゲントスティルの地下鉄駅舎が美しすぎる

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員ブログ

こんな駅見たことない!オットー・ヴァグナーによる、ユーゲントスティルの地下鉄駅舎が美しすぎる

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年9月27日

19世紀末にパリから広がった美術運動のアール・ヌーヴォーは、オーストリアではユーゲントシュティルと称されますが、まさにこのユーゲントシュティルの申し子であったのが建築家のオットー・ヴァグナー。
1841年生まれの彼は、グスタフ・クリムトの創設したウィーン分離派(ゼツェシオン)にも一時期参加するなど、世紀末独特の享楽的・退廃的な風潮を見事に建築に落とし込んだ存在でした。


今回は、そんな彼の作品の一つ、Hietzing(ヒーツィング)駅舎を見ていきたいと思います。

Otto_Wagner_Hofpavillon_Hietzing_1-600x400.jpg© Wolgang Thaler


このヒーツィング駅は地下鉄4番線(U4)沿線にあり、シェーンブルン駅とともに、シェーンブルン宮殿への最寄り駅としても有名です。(広大なシェーンブルン宮殿の敷地は、両駅の間に広がっているため、どちらも最寄り駅となります)

Otto_Wagner_Hofpavillon_Hietzing_aussen3-400x600.jpg© Wolgang Thaler

Otto_Wagner_Hofpavillon_Hietzing_aussen2-400x600.jpg© Wolgang Thaler

ヴァグナーの様式も他のユーゲントシュティルの芸術家たち同様、曲線や植物等を多用する、独特の装飾が施されています。

Otto_Wagner_Hofpavillon_Hietzing_interior-600x4400.jpg© Wolgang Thaler

他の多くのユーゲントシュティル様式同様、当時は新素材であったガラスや鉄を多用しているのも特徴。

Otto_Wagner_Hofpavillon_Hietzing_interior-2-400x600.jpg© Wolgang Thaler

このヒーツィング駅のパヴィリオン以外にも、ウィーンのあらゆる街角の彼の作品が残されていますので、時間があればぜひ探してみて下さいね!


■Otto Wagner Hofpavillon Hietzing/オットー・ヴァグナー・ホフパヴィリオン・ヒーツィング

住所:1130 Wien, Schönbrunner Schloßstraße
入場料:大人4ユーロ、19歳以下は無料、
毎月、第一日曜日も無料ですので、お見逃しなく!

deco藤子とロキ2011Feb-a.gif
藤子ちゃんとロキ君に応援クリックお願いします☆

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員のライジンガー真樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員
名前:ライジンガー真樹

ライジンガー真樹

スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

ウィーン特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

ウィーンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > こんな駅見たことない!オットー・ヴァグナーによる、ユーゲントスティルの地下鉄駅舎が美しすぎる