トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > スワロフスキーのクリスタルワールドが進化して再登場!

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員ブログ

スワロフスキーのクリスタルワールドが進化して再登場!

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年7月 9日

昨今のスワロフスキーの積極的な日本マーケット展開を受け、同社がオーストリア企業であることは日本でも少しずつ知られてきているようです。一昨年あたりから始まった、スーパーモデル、ミランダ・カーの起用でもお馴染みですよね?


そんなスワロフスキー社が創業100周年を記念して、
発祥地であるインスブルック郊外に建設したのがクリスタル・ワールド。
このほど拡張工事のために暫く閉鎖されていたものの、
2015年4月30日にぐんとパワーアップしてカムバックを果たしました!


2010_004[1]-Der-Riese-600.jpg©Swarovski Kristallwelten


こちらは、以前から存在した地下ミュージアムの入り口。
この緑の人はDer Riese(ドイツ語で巨人の意)として親しまれており、
巨人の顎から中に入ることができます。

Lee_Bul_Ausstellung-600x400.jpg©Swarovski Kristallwelten


光の回廊を通り抜けていくと・・・・・・


おや?
何か丸いものが!


Swarovski_Ausstellung6-600.jpg©Swarovski Kristallwelten


そして、この球体の中に足を踏み入れると・・・・・・


Swarovski_Ausstellung2-blau--600.jpg©Swarovski Kristallwelten

Swarovski_Ausstellung5-pink-600x400.jpg©Swarovski Kristallwelten

Swarovski_Ausstellung-600.jpg©Swarovski Kristallwelten


内部はクリスタル、クリスタル、クリスタルの世界!!!
七色にさんざめく光の世界は、言葉では言い尽くせないほど幻想的です。

©Swarovski Kristallwelten


こちらは何と、クリスタル製のタージマハール!
他にもギザのクフ王のピラミッドやニューヨークのエンパイアステートビル、モスクワのレーニン廟などがクリスタルで再現されています。
もう地上のユートピアとはまさにこのこと。(正しくは地下ですが・・・)


20150413_Eden_05_cSwarovski_Kristallwelten-600.jpg©Swarovski Kristallwelten


ファイナルファンタジーに出てきそうなシーン。
お参りすると、転職に成功できたりして!?


他にもまだまだ見所が盛りだくさんのクリスタルワールド。
一度にはとても紹介しきれないので、後篇へと続きます!

デコバナーバラの花と藤子1-a.gif薔薇のお花が大好きな藤子ちゃん
応援クリックお願いします!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ライジンガー真樹

オーストリア・ウィーン特派員のライジンガー真樹が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/ウィーン特派員
名前:ライジンガー真樹

ライジンガー真樹

スペイン語と異文化研究のため高校時代に南米チリへ留学、国際基督教大学(ICU)卒業。外資系広告代理店のメディアプランナー、欧州系エアライン2社の客室乗務員を経て現在はモード業界 に。仕事の傍ら子育てと執筆に勤しみ、ウィーンで話題のスポットや伝統的なカフェとスイーツ、日本とはかなり異なるオーストリア事情など、バラエティに富んだ情報をお届けすべく活動中!連絡先Facebookページ DISQUS ID @disqus_zl3jc0QKNG

ウィーン特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

ウィーンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ウィーン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > ウィーン特派員 > スワロフスキーのクリスタルワールドが進化して再登場!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について