トップ > 北米 > カナダ > バンクーバー2特派員 > バンクーバーでアフタヌーン・ティー、贅沢なひと時を楽しもう

カナダカナダ/バンクーバー2特派員ブログ

バンクーバーでアフタヌーン・ティー、贅沢なひと時を楽しもう

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2018年4月11日

こんにちは。バンクーバー特派員のみやなおです。


今日は、アフタヌーン・ティ(Afternoon tea)について、書いて見たいと思います。
アフタヌーンティ発祥の地はイギリス。ヨーロッパ文化では、もともと、一日に2食の食習慣を持ち、夕食を食べるのが音楽会や観劇の後の非常に遅い時間になるため、開演前の遅い午後の時間帯に軽食をいただくようになったのが、アフタヌーンティの由来です。


イギリス植民地だったカナダは、1867年、イギリス領で最初に自治が認められ、カナダ連邦となりました。1931年にはイギリス連邦の中で実質的に独立したという歴史があり、イギリス文化の伝統を深く受け継いでいます。そのため、食生活であるアフタヌーンティーの文化も盛んに行われてきました。というわけで、バンクーバーでは、アフタヌーンティができる、人気カフェがたくさんあるのです。


そのうちの一つで、「アフタヌーン・ティなら、ここでしょう」と言われる、カフェ「SECRET GARDEN」に、日本からの友人をお連れしました。

SECRET GARDEN


こちら、アフタヌーン・ティは、一日3回の時間帯に指定されています。(毎日12:00、14:15、 16:30 の3回の入れ替え制。要予約)。HighTea $33。他に, Children's High Tea $23, Gluten Free High Tea $38 もあります。<注>グルテンアレルギーの人のためのGluten Free High Tea 、子供用の Children's High Tea、小食の方には半分程度の量のDemi High Teaを頼むこともできます。


ちなみに、アフタヌーン・ティー(Afternoon tea)とハイ・ティー(High tea)の違いとは大ざっぱにいうと、いただく時間帯によって呼び名が違うということらしい。私自身もはっきりと理解していなかったのですが、アフタヌーン・ティーよりさらに遅い時間にいただくのがハイ・ティーで、ハイ・ティーは本来食事としての意味合いが強く、一般的に夕方5時から6時の夕食の前に、食事とともに茶など飲み物が提供されたものだということ。


明るい店内には、誰かの家にお邪魔したような雰囲気のテーブルが設置されています。そこで、ゆっくりとアフタヌーンティーを楽しむのは、至福の時。

Secret Garden GF

私はグルテンフリーのアフタヌーンティを頼みましたが、↑のように、レギュラーのアフタヌーンティーと遜色のないものが出てきます。添えられてくるバターやジャムなども、もちろんグルテンフリー。段重ねのティースタンドで出てきた場合、下の段から順に食べるのが作法とされています。


グルテンフリーのアフタヌーンティーの内容:
*エッグサラダが乗っているローズマリークラッカー(Secret Garden Egg Salad on Rosemary Crackers)
*タヒニでローストされたチキンが乗っているバターミルクビスケット(Tahini Roasted Chicken on Buttermilk Biscuits)
*スモークサーモンとレモンクリームチーズが乗っているコーンブレッドマフィン(Smoked Salmon and Lemon Cream Cheese on Petit Cornbread Muffins)
*クランベリースコーン、ラズベリージャムとデボンシャークリーム添え(Cranberry Scone with Raspberry Jam and Devonshire Cream
*ミニバナナチョコレートチップマフィン(Mini Banana Chocolate Chip Muffin)
*レモンメレンゲ(Tangy Lemon Meringue Nest)
*ダークチョコレートボンボン(Dark Chocolate Bonbon)
*オレンジ・ラズベリーマカロン(Orange-Raspberry Macaroon)
*ポットに入ったお茶(Pot of Tea:お湯をお代わりすることができます)

Secret Garden 6

定番のScone やTea Cake、各種サンドイッチ、季節感溢れるミニケーキも加えてボリューム満点。万が一食べられなくても、「お持ち帰り可能」。ケーキもパンも、すべて店内のキッチンで作られています。


アフタヌーヌーンティーの主役の紅茶(グリーンティ:Green Tea、 ハーブティ:Herbal Tea、 ルイボスティー:Rooibos Teaもあり)は、すべてThe Secret Garden Tea Company のオリジナルです。アフタヌーンティを頂く時は、自分で選びます。

Secret Garden 5


⬆️で見られますが、40種類以上あると言われる、オリジナル・ティーはもちろんのこと、ホームメイドのケーキやクッキー、ティーウェア(Teaware) やギフト用のお茶・クッキーの詰め合わせ、ギフト券(Gift Certificate) などもあるので、ギフトやお土産にピッタリ。


こちらのカフェのアフタヌーンティーは美味しくてボリュームもあって、私の一番気に入っているアフタヌーンティのカフェの一つ。友人達との楽しいおしゃべりを楽しむことができます。どことなく、英国風を味わえる閑静な住宅街のケリスデールのメインストリートを、ウィンドウショッピングしながら、お散歩して帰ることも乙。


このカフェは、ダウンタウンからバスで20分ほどの位置にある高級住宅街のケリスデール(Kerrisdale)にあります。ロケーションはウェスト・ブルバード(West Boulevard)沿い。
ダウンタウンからはGranville St.で16番 Arbutus行きのバスに乗り、W 41st Aveで下車します。


バンクーバーではこのようなアフタヌーン・ティー(Afternoon tea)・ハイ・ティー(High tea)が楽しめる場所がいくつかあるので、また記事にして見ますね!


住所: 2138 W 40th Ave, Vancouver, BC V6M 3W7
営業時間: 月曜〜日曜 8:00から18:30 祝日は9:00から18:30
メニュー:secretgardentea.com
予約: secretgardentea.com
電話: (604) 261-3070

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

みやなお

カナダ・バンクーバー2特派員のみやなおが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

カナダカナダ/バンクーバー2特派員
名前:みやなお

みやなお

1990年9月より、ボストンのマサチューセッツ州立大学に編入、英文会計を専攻し、米国公認会計士の資格を取得。会計の仕事関係でオハイオ州コロンバス、カリフォルニアのシリコンバレーに移住し、1999年9月に一時帰国。2000年7月に、仕事関係でバンクーバーに移住することになり、早17年半。カナダ人夫・2匹の猫と、バンクーバー生活を満喫中。
ブログ:"新・バンクーバー日々是々"
Instagram:@miyanao117_2015
Twitter:@miyanao117_2015 DISQUS ID @disqus_wvQd3KG8b1

バンクーバー2特派員トップにもどる

その他のカナダの特派員

バンクーバーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バンクーバー2特派員トップにもどる

トップ > 北米 > カナダ > バンクーバー2特派員 > バンクーバーでアフタヌーン・ティー、贅沢なひと時を楽しもう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について