トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【アルマンサ】ただいま収穫期!! ラ・マンチャ地方のワイナリー、ボデガス・ピケラス

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

【アルマンサ】ただいま収穫期!! ラ・マンチャ地方のワイナリー、ボデガス・ピケラス

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 投稿日:2018年9月26日



スペインではワイン用のぶどうの収穫シーズン。早いところでは8月下旬から始まっています。


先日ラ・マンチャ地方のアルマンサに行った際に、通常は一般公開はしていないBodegas Piquerasというワイナリーを訪問する機会がありました。アルマンサ郊外に機械摘みのブドウ畑と伝統的な手摘みのブドウ畑を有し、有機専用とそれ以外の2つの醸造所を持つ、4世代に渡るブドウ農家だとのこと。確か年間350万本を生産していると言っていたような・・・。その9割以上が輸出されているそうです。アルマンサは乾燥し、夏と冬、また昼と夜の寒暖差の大きな土地で、石灰質の土壌が特徴。このワイナリーは、DO(原産地呼称)アルマンサに属しています。


DSC_6726.JPG


ちょうど畑からブドウが到着したところで、トラックの荷台からザザザーッと下ろすところから順に出荷場までの全製造工程を見せてもらいました。ワイン用黒ブドウの中にほんのいくつかの白ブドウが混ざっているのはなぜかを尋ねると、「昔からブドウの収穫は重労働でね、喉も乾くし甘いものもほしくなるんだ。そこでところどころに白ブドウを植えて、収穫中にそれをつまんだんだよ」と教えてくれました。こういうちょっとしたトリビアを聞くのって面白い♪


DSC_6719.JPG


DSC_6723.JPG


その日の夜、レストランで熟成期間の長い2012年の赤ワインCastillo de Almansa Selecciónを頂きました。この地域で主に生産されていると説明に聞いたモナストレル種とガルナチャ・ティントレラ種が25%ずつ、さらにスペイン固有のテンプラニーリョ種と国際品種のシラーも25%ずつ使われています。昼間訪れたあの醸造所で作られたのか、と思うと味わいもひとしお。ワインには詳しくない私ですが、ベリー類やレーズンの香りが鼻に心地よく、また熟成感とバランスの良さを感じ、とてもおいしかったです。


A01.JPG


このボデガス・ピケラスのワインは日本にも入っているそうなので、見かけた方はぜひお試しくださいね。


Bodegas Piqueras https://www.bodegaspiqueras.com/

======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 【アルマンサ】ただいま収穫期!! ラ・マンチャ地方のワイナリー、ボデガス・ピケラス

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について