× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 国際フィデワ(麺パエリア)コンクールの1位と2位は誰!?

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

国際フィデワ(麺パエリア)コンクールの1位と2位は誰!?

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 投稿日:2018年6月 7日



お米の代わりに短いパスタを使い、パエリア鍋でつくるフィデワはカタルーニャからバレンシアにかけての海岸地方の郷土料理です。日本ではパスタパエリア、麺パエリアなどと呼ばれることもあるようですね。私のような素人目から見ると、カタルーニャのフィデワは麺が細く、バレンシアでは麺がやや太かったり小さなマカロニ状のものを使うことが違いでしょうか。


バレンシアでは南部海沿いにあるリゾート地ガンディアの町がフィデワで有名で、毎年国際コンクールが開催されています。近年では日本からのエントリーも。わが家のお気に入りのフィデワもガンディアにある、過去のコンクール優勝店です。


100a.jpg


さる6月5日、第44回にあたる今年度のコンクールFIDEUÀ DE GANDIAが開催されました。


結果は、1位がバレンシア郊外のラルクディアという小さな町にあるMiguel y Juani のパコ・ロドリゲスシェフ!! 実は以前このブログでパコを紹介したことがあります。
東京に進出し話題の2014年パエージャ世界一のレストラン
あのパエリアチャンピオンのシェフが、プチェロコンクールでも優勝していた!!


そう、過去にパエリアコンクールやプチェロコンクールでも優勝しているんです。確かほかにも優勝したコンクールがあったはず。田舎町の気取らないレストランのシェフながら、かなりの実力派ですね。そういえば、日本でプロデュースしているお米料理レストランの3号店が関西にできると聞きました。たまに日本に行くこともあるので、忙しい傍ら日本語もコツコツと勉強していると言っていました。これからの活躍も楽しみです。


200a.jpg


300a.jpg

<ガンディアの港沿いの会場でフィデワを作り始めたパコ(右)>


そして2位に輝いたのは東京から初出場のびいどろ !! 同時に開催されたオレンジを使ったデザートコンクールでは見事1位に選ばれたそうです。銀座のびいどろと言えば、スペイン料理の老舗。確か、私がはじめてスペイン料理を食べたのがここでした。あれはもう20数年前・・・。コンクール結果に懐かしい名前を見つけて嬉しくなりました。以前日本で開かれたパエリアコンクールで優勝していたので、フィデワもパエリアも、そしてデザートもさぞおいしいことでしょうね。


400a.jpg


両店ともおめでとうございます!!


なお今回のフィデワコンクールの写真は、友人でComer en Valencia を運営するグルメライターのアントニオが提供してくれました。Muchas gracias!! コンクールの写真はほかにもたくさんFacebook にアップされています(^_-)-☆

======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 国際フィデワ(麺パエリア)コンクールの1位と2位は誰!?