× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 街路樹のオレンジと農園のオレンジ

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

街路樹のオレンジと農園のオレンジ

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2018年2月16日



冬はオレンジが旬。


バレンシアでは18世紀の後半からオレンジ栽培が盛んになったそうです。もっともっと昔からだと思っていたので、それを聞いたときはビックリしました。オレンジは町のシンボルとなり、バレンシア北駅の駅舎の外壁にもオレンジの装飾が施されているほか、中央市場の天井部分の陶器タイルにも描かれています。


今はちょうどバレンシアの町のオレンジの街路樹が実をたわわにならせています。


DSC_2317.jpg


よく聞かれるのが、「これって食べられるの?」 答えはNOなのです。いえ、どうしても食べたいのなら口にしていただいても構わないのですが、苦~いオレンジです。砂糖たっぷりでマーマレードにはできるのだとか。というのも、これは観賞用の品種なのです。


こちらは農園のオレンジの木。形が違いますね。よく見ると、葉っぱの形状も違うんですよ(過去のこの記事 をご覧ください(^_-)-☆)。


DSC_0524.jpg


ちなみに、スペインでは観賞用のオレンジの方が食用のオレンジより長い歴史があるそうです。ちょっと意外ですね。


バレンシアの郊外ではオレンジ畑が一面に広がる景色を目にすることがあります。とてもバレンシアらしさを感じる大好きな景色です。これは電車の車窓から撮ってみました。


27913306_10215729679014295_15991849797438272_o.jpg


バレンシアの多くのバルやカフェでは、その場で搾ったばかりのフレッシュオレンジジュースを飲むことができます。オレンジが甘くておいしいこの時期はとても美味!! ぜひお試しくださいね。

======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 街路樹のオレンジと農園のオレンジ