× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 1月5日から6日にかけてみんなが食べるロスコン・デ・レジェス

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

1月5日から6日にかけてみんなが食べるロスコン・デ・レジェス

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年1月 3日



新年おめでとうございます。2018年が皆さまにとって良いお年でありますように。


スペインでは特にお正月料理というものは存在しませんが(そもそもお正月はクリスマス期間に含まれてしまっているので^^;)、1月5日から6日にかけてスペイン人の大半が口にするお菓子があります。それは、ロスコン・デ・レジェス


ドライフルーツで飾られたドーナツ形の大きなパンで、金の王冠をかぶっています。


DSC_8402.jpg


このまま切っていただくこともありますが、横半分に切ってそこに生クリームなどのフィリングを入れることも。


レジェスとはスペイン語でreyes、王様(rey)の複数形ですが、この場合は東方の三賢王(三博士、三賢人ともいわれます)を意味します。1月6日はカトリック教会では公現祭。これは東方の三賢人が贈り物を持って幼子イエスに礼拝に来たことにより、救世主の誕生が公になったことに由来しています。聖書に記されたこのエピソードから、スペインの伝統では1月5日の真夜中にラクダに乗った三賢王が子ども達にプレゼントを届けに来ます。カトリック信者にとっても子ども達にとってもとても重要な日。この公現祭に欠かせないお菓子がロスコン・デ・レジェスなのです。


ロスコンの中には陶器の小さな人形と乾燥そら豆が隠されており、人形が当たった人は王冠をかぶりその日1日は王様のように振舞うことができ、そら豆が当たった人はロスコン代金を払うという習慣があります。


DSC_8681.jpg


ちなみにロスコンと一緒に見かけることがある、黒い炭のような塊はなんだと思いますか? 実は、三賢王は悪い子にはプレゼントの代わりに木炭を置いていくと言われています。それで炭に似せた砂糖菓子も売っているというわけです。面白いですね。


DSC_8480.jpg


最近ではミニサイズが販売されていたり、ロスコンを売るベーカリーやパティスリー併設のカフェで食べることもできるので、この時期にスペインにいらっしゃる方はぜひお試しくださいね。


======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > 1月5日から6日にかけてみんなが食べるロスコン・デ・レジェス