× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > お土産にいかが? 旧市街にあるクリスマス菓子専門店

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

お土産にいかが? 旧市街にあるクリスマス菓子専門店

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2017年12月 9日



もうすぐクリスマスですね。バレンシアの旧市街もあちこちでイルミネーションがまたたき、大勢の人で賑わっています。


スペインにはクリスマスケーキを食べる習慣はなく、クリスマスを代表するお菓子はトゥロンとポルボロンです。ポルボロンはセビージャ県エステパが生産地として有名ですが、トゥロンはアリカンテ県のヒホーナ。


旧市街のサンタ・カタリナの塔の傍らには、ヒホーナで16世紀と同じレシピで作られているトゥロンを売る、創業1890年のお店Turrones Ramos(トゥロネス・ラモス)があります。


DSC_1548.jpg


トゥロンはアーモンドとハチミツ、砂糖、卵白が原料の板状のお菓子で、アーモンドの粒が丸ごと入ったカチカチに固いタイプ(トゥロン・ドゥロ、またはトゥロン・デ・アリカンテ)とアーモンドを挽いた柔らかなタイプ(トゥロン・ブランド、またはトゥロン・デ・ヒホーナ)が主流。ほかにも卵黄を使ったもの、ココナツを使ったものなどがあります。ここのトゥロンには、アーモンドの中でも特に良質なマルコナ種を使っているとのこと。


Turrones Ramosでは、各種トゥロンのほかにもヒホーナでつくられるクリスマス菓子をいろいろと取り扱っています。日本へのお土産に、スペインの伝統的なクリスマス菓子はいかがでしょうか?


DSC_1547.jpg


Turrones RAMOS
所在地:Calle Sombrería 11, Valencia
地図:https://goo.gl/maps/98m2ccgE6Qx
WEB:www.turonesramos.es
営業時間:10:00~14:00、17:00~20:00(日祝定休、土曜は午前のみ)
12月1日から1月5日までは12月25日と1月1日を除き、9:00~15:00、16:00~21:00


======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > お土産にいかが? 旧市街にあるクリスマス菓子専門店