× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > あのパエリアチャンピオンのシェフが、プチェロコンクールでも優勝していた!!

スペインスペイン/バレンシア特派員ブログ

あのパエリアチャンピオンのシェフが、プチェロコンクールでも優勝していた!!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年11月28日



2014年の第54回国際パエリアコンクールで優勝し、その後東京と横浜にパエリア専門店を出店した
パコ・ロドリゲスシェフが、昨年はバレンシア風プチェロコンクールでも優勝していたそうです。


DSC_1394.JPG


パコのレストランは、バレンシア郊外の小さな町L'Alcudiaにある庶民的なお店。
私の友人が住んでいる町でパコのこともよく知っているので、一緒にプチェロを食べに行ってきました。


プチェロというのは肉類や野菜を煮込んだ料理で、いわゆるコシードのこと。
スペイン各地で少々具材が異なるものの、冬の定番料理です。バレンシアではもっぱらプチェロと
呼ばれています。パコのプチェロは、まずお米が入った煮込みのスープが前菜としてサーブされ、
その後にメインとして具が登場。


24232525_10215062557776681_4420899423576482393_n.jpg


DSC_1397.JPG


プチェロは家庭料理ゆえ、レストランでもあまり見かけません。
実は私もレストランで食べるのは初めてでした
(マドリー風コシードはマドリーの老舗レストランで食べたことがあります)。
そして、自分で作るプチェロは煮込み過ぎだということに気付きました・・・(^^;)


パコのレストランでは毎週木曜日のランチ定食にプチェロが登場します。
ここのランチ定食は田舎町だけあって、前菜+メイン+飲み物1杯+デザート+コーヒーでなんと
9ユーロと破格のお値段。これでチャンピオンのプチェロが味わえるのは、お得もお得ですね。
郊外なので気軽に行けませんが、バレンシア中心部からメトロで行くことができるので、
チャンピオンのパエリアやプチェロが食べてみたい方はどうぞ足をお運びくださいね。


Miguel y Juani(ミゲル・イ・フアニ)
住所:Calle Pizarro 4, L'Alcudia
地図:https://goo.gl/maps/vyHzXYMPpC12
電話:96-299-6739
WEB:http://www.restaurantemiguelyjuani.com
営業時間:日曜定休9:00~17:00(ランチは13:30から)金土は21:00~24:00も営業

======================================


ランキングに参加しています。


↓↓↓クリックして頂けると嬉しいです^^↓↓↓


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

田川 敬子

スペイン・バレンシア特派員の田川 敬子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/バレンシア特派員
名前:田川 敬子

田川 敬子

東京生まれの東京育ち。初めてスペインを訪れた時にピピピときて、ここに住むぞ!と決意。6年後の2002年に念願かなってバレンシアの日系企業に就職する。その後地元企業勤務を経て現在は育児を優先しつつ、通訳、翻訳、ガイド、ガイドブック等の仕事をちょこちょこと。バレンシア語が話される郊外の田舎町旧城下町在住。連絡先はコチラです。 DISQUS ID @disqus_Y6CeolLjuu

バレンシア特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

バレンシアを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

バレンシア特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > バレンシア特派員 > あのパエリアチャンピオンのシェフが、プチェロコンクールでも優勝していた!!