× 閉じる

トップ > 北米 > アメリカ > USAライス連合会 > アメリカ産のお米を知ろう!第2弾:種まきから国境を越えるまで

アメリカアメリカ/USAライス連合会ブログ

アメリカ産のお米を知ろう!第2弾:種まきから国境を越えるまで

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2017年10月 6日

こんにちは!USAライス連合会です。

前回 、カリフォルニア産のおコメ「カルローズ」の長い歴史をご紹介致しました。第2弾となる今回は、アメリカ米の生産工程についてご案内致します。


農地の準備


3月になると、生産者はレーザー誘導の整地機械を使って平らなじょうをつくります。圃場とは、稲や穀物を栽培するための区画された農地のことを言います。これは貴重な水資源を無駄にしないためです。肥料をまいて、浅いうねをつくり、4月には種まきの準備が整います。
2-01.jpg


湛水(たんすい)と種まき


農地に水を5インチ(12.5cm)の深さまで流し込みます。水田にこのように水をたたえることを、湛水といい、水の深さを均一に保つことは、稲の植物としての能力を上げるので、雑草に対しても強くなり、除草剤の使用量を下げることにつながります。コメの種子は、水に浸したのち、飛行機に積み込み、空中から種まきを行ないます。重たい種子はていねいに土づくりをした畝の中に自然に沈み、生育を開始します。
2-02.jpg


生育



ここから4~5ヶ月が稲の生育期です。生育の初期には、雑草への対応として除草剤を1,2度使用します。稲の成長は約3フィート(90cm)になるまでは早く進み、夏の終わりには、長くなってきた稲穂の上部に実が入りはじめます。9月までには、稲穂も成熟し収穫を待つ状態になります。
2-03.jpg


収穫


収穫をはじめる前に農地から水を抜き、農地が乾いたら、最新式の刈取り機に並走させ、刈取りと同時にトレイラーにコメを移します。このようにして刈取り機が積荷のために止まることなく、効率よく刈取りが行なわれています。
2-04.jpg


精米と保管


コメを理想的な水分値になるまで注意深く乾燥し、保管します。精米工場ではもみ殻を取り除き、玄米、そして白米にします。選別、パッケージングなどを経て、最高品質水準に見合うアメリカ米が生産されます。カリフォルニアの精米工場には、ソーラーシステムを導入して精米所が使用する全電力を太陽光でまかなうところもあり、世界でも最も進化した技術が取り入れられています。
2-05.jpg

日本への輸出にあたって

アメリカから日本へコメを輸入するにあたり、輸入国である日本では、残留農薬安全性検査のポジティブリストの約600項目に及ぶ検査を3段階で実施しています。すべての輸入契約ごとに、第三者検査機関がアメリカと日本でサンプリング検査を行い、日本政府の規定する安全を確保しています。 2-06.png

以上のような生産工程を経て、カリフォルニア米の「カルローズ」は、国境を越えて日本に輸入されていることがわかりました!次回は、アメリカのコメどころ、サクラメントバレーについてご紹介します。

カルローズ本ブログのメニューはすべてカリフォルニア産のおコメ「カルローズ」を使用しています。
カルローズについては、コチラ↓をご覧ください。
USAライス連合会
■公式サイト:http://www.usarice-jp.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

USAライス連合会さん

アメリカ・USAライス連合会のUSAライス連合会さんが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/USAライス連合会
名前:USAライス連合会さん

USAライス連合会さん

USAライス連合会は、アメリカのおコメ、カリフォルニア産の中粒種『カルローズ』について広く皆さまに知ってもらい、レストランやご家庭で活用していただくことを目的に、各種イベントや毎年開催のメニューコンテスト等を通じて、販促・PR活動を行っています。USAライスブログでは、国内で実際にカルローズを食べられるレストランのご紹介や、オシャレな簡単レシピなど、皆さまの気になる食情報を中心にお伝えしていきます。日本のおコメとは少し異なる、軽い食感、アルデンテともいえる歯ごたえが特長のカルローズの情報をぜひご覧ください。

USAライス連合会トップにもどる

その他のアメリカの特派員

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

USAライス連合会トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > USAライス連合会 > アメリカ産のお米を知ろう!第2弾:種まきから国境を越えるまで