トップ > ヨーロッパ > オーストリア > チロル特派員 > これがなければ夏は終わらない!アルプスの牛追い祭り

オーストリアオーストリア/チロル特派員ブログ

これがなければ夏は終わらない!アルプスの牛追い祭り

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年9月16日

Servus!あんなに暑かった夏はどこへやら、最近は気温が上がっても朝と夜は厚手の服や布団でないと寒い日が増えてきたチロル。そんなチロルの人達が長い冬の準備に入る目安にしているあるイベントが先週行われました。それは


牛追い祭り。こちらではAlmabtriebと呼ばれています。


この祭りは夏の間山で放し飼いにしていた家畜達を寒さがやってくる前に村へ戻すというもので、下山した後は村中を行進するのですがその際に家畜の首や頭にきれいな装飾をするんです。飼い主達もレーダーホーゼンやディアンドルを着て参加するので毎年多くの観光客がこのお祭りを見ようと小さな山の村までやって来ます。


そこで今回は筆者が住むスチューバイタールで行われた牛追い祭りのレポをお送りします!


標高2000M以上の山から家畜達が下りてくるのは大体お昼頃。カウベルの音がだんだん大きくなってくるのでそれを合図に通り道で待機します。


はじめにアコーディオンによる演奏で家畜達の到着を村の人達に知らせます。


eins.jpg


一番乗りで村に到着したのは可愛い男の子が率いる羊たち。


zwei.jpg


羊やヤギなど牛より小柄な家畜は主に子ども達の仕事です。


今年は山で子どもが多く生まれてケアが出来るよう祭り前に親子を揃って下山させたようで山頂に残っていたヤギや羊、牛も少なめで羊の一群の行進が終わったあとはすぐにメインともいえる牛たちが到着。


drei.jpg


羊やヤギも可愛いですが、カラフルな装飾を施された牛たちが来るとやはりその場が華やかになり盛り上がります!


44.jpg


お父さんの助けが無くてもしっかり自分達より大きい牛たちを誘導する子どもたち。


55.jpg


牛の装飾品はそれぞれ違いますが、この丸い形の飾りは太陽を表していて過去にチロルへ移り住んだ人達が太陽神を信仰していた名残と言われています。


66.jpg


77.jpg


751.jpg


普段からあちこちで牛が見られるとはいえ、こんな間近で見ることは滅多にないのでちょっと怖かったり...笑


そして山から長時間歩いてきた男性達を労うため、ホテルやレストランからシュナプスの提供も。


99.jpg


あれだけ暑くて仕方のなかった今年の夏ですが、こうしていよいよ秋に突入するのだと思うとこのお祭り後は少し寂しくも感じます。


暗くて長いオーストリアの冬が始まる前の最後のお祭りは今月から来月上旬くらいまで各地で行われます。機会がありましたら是非一度ご覧になってみては?


◆チロルで行われるAlmabtriebの予定はこちら から確認出来ます。


※注意※

チロルでは山や村などで放し飼いにされている家畜を見かけることが多いですが、近づく、撫でる、近くで大声を出すなどして刺激を与えないようにしてください。家畜たちはおとなしいですが、これらが原因による怪我人が毎年出ています。この牛追い祭りでもそれは同じなのでご注意を。



★twitterやってます★




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Obi

オーストリア・チロル特派員のObiが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オーストリアオーストリア/チロル特派員
名前:Obi

Obi

2010年にオーストリア人の夫と日本で出会い、2011年に東日本大震災によりそれまで働いていた会社を離職。離職後は長年の夢であったドイツ語習得のために夫の住んでいたチロルで学校に通いながら日本を行き来する生活を送り、2014年に結婚。本格的にチロルでの生活を始める。現在もドイツ語を勉強中。大自然に囲まれたチロルから日々の暮らしについて紹介していきます。 DISQUS ID @disqus_XRdcbNy7Mz

チロル特派員トップにもどる

その他のオーストリアの特派員

インスブルックを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

チロル特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オーストリア > チロル特派員 > これがなければ夏は終わらない!アルプスの牛追い祭り

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について