トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.449フランス北部リールのトイレ事情とプロジェクト

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.449フランス北部リールのトイレ事情とプロジェクト

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2018年10月22日

フランス北部リールのトイレ事情については、四年ほど前に一度まとめました が、前稿 でパリのトイレ事情を整頓した機会にもう一度見直してみました。


結論を言えば、四年前からあまり変化はなく、現在リル市内の常設公衆トイレの数は、約10か所のままです。公衆トイレマップは、リール・メトロポル(MEL)の公式サイト からご覧になれますが、観光中の方にはこちらのサイト のほうが便利かもしれません。というのも、今いる場所から近い公衆トイレとその住所、またそこまでの道筋を表示してくれるからです。比べてみたところ、リールに関する限り、両サイトの表示には差がないようです。


449.JPG

最近改装したLille Flandres駅内部。トイレは真ん中に見えるエスカレーターを下りた右手©冠ゆき

また、これらのサイトには表示されていませんが、フランス国鉄の二つの駅、Lille Flandres(リル・フランドル駅)Lille Europe(リル・ユーロップ駅)にも公衆トイレは存在します。
ただし、地下鉄やトラムの駅にはトイレはありませんので、ご注意ください。


また、パリ同様に、リール市でもトイレ増設プロジェクトの提案が複数出ています。それらの中には、水を使わないエコロジカルなトイレ設置などユニークな物も含まれています。
これらの提案は「町の衛生案」としてひとまとめにされ、今月15日から29日まで投票の対象となっています。(詳しくはこちらのページ )「町の衛生案」は、これから2019年元旦まで、審査官による審査を受けることになっており、日時は未定ですが、来年元旦以降にその結果が報告される見通しです。


思い返してみれば、25年ほど前私が初めてリールに来た頃は、この町には外国人はほとんどいませんでした。例えば、イギリスの友人と英語で話しながら歩いているだけで、道行く人がみな振り向くような環境だったのです。
それが今では、町を歩けば、英語はもちろん、オランダ語、スペイン語、中国語が耳に飛び込んでくる国際観光都市となったリール。公衆トイレの増設は、パリほどとは言わずとも必須に思えます。


なお、前稿にも書きましたが、公衆トイレ以外にも、フランスの美術館、博物館、飲食店にはトイレが備わっています。近くにトイレがない時は、それらの施設のことも思い出してみてください。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.449フランス北部リールのトイレ事情とプロジェクト

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について