トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)

カテゴリー:お知らせ / 交通・鉄道・航空 投稿日:2018年6月18日

今年の2月から既に合計15日間、ストが行われたエールフランス航空。


428.JPG


昇給のパーセンテージなどについて、労働組合と経営者側の意見が一致せず、今月末に再びストが決行される模様です。

日程は6月23日から26日の四日間


また組合側は7月以降のストの可能性も示唆しています。


キャンセルとなる便についてはまだ定かではありません。
万が一予約便がキャンセルになった場合は、エールフランスからメールあるいは SMS で連絡がくることになっています。
とはいえ、もしも上の4日間の搭乗予定をすでに変更したい場合は、AFサイト から既に変更が可能となっているようです。


搭乗を予定していたエールフランスの便が、キャンセルとなったり5時間以上遅れた場合は、チケットの払い戻しをすることができます。 払い戻しのページはこちら


また、補償金も請求することができます。移動距離によって、金額が決まっており、1500 km 未満であれば250ユーロ、1500から3500 km の移動は400ユーロ、3500 kmを超える距離の場合は600ユーロです。
補償金の請求は、こちらのサイト から申し込むことができます。
あるいは電話 +33 (0) 9 69 39 10 30 (月曜から金曜の 9時から17時)からも申し込めます。


ただ手続きはある程度煩雑なものですので、補償金請求代行会社に依頼することも選択肢のひとつです。詳しくは、No.414エールフランス4月のストと補償金請求代行サービスについて にも書きましたが、補償を得られたときのみ、手数料を払うことになっている代行会社がほとんどです。


下に、該当部分のみを、再掲しますので、どうぞ参考にしてください。


====No.414より再掲====


補償金請求代行サービス

そのせいか、最近よく耳にするのは、補償金請求の代行サービス。
私も実際に利用したことはまだないのですが、最近サイトで目にしただけでもAir-Collect だとか、justfix だとか複数数えられます。


そのうち日本の方にお勧めなのは、Oui Reward  。というのも、日本語版のページがあり、手続き説明を日本語で読むことができるからです。
414-2.jpg
上に挙げたどのサイトも、使い方、手数料ともほぼ同じようです。つまり、補償金が手に入らない場合は、全くの無料。補償金が手に入った場合は25%を手数料として支払うというもの。
ちなみに、ストとは少し話がずれますが、オーバーブッキングも補償金請求の対象になります。


Oui Reward の場合、ヨーロッパから出発する飛行機であれば、どこの航空会社にでも請求手続きが取れます。ただし、ヨーロッパ着の便の場合は、ヨーロッパの航空会社の飛行機に限ります。
エールフランスは、ヨーロッパの航空会社ですから、今回のストで被害を受ける方は、ヨーロッパ発にせよ、着にせよ、どちらでもサービス利用ができることになります。


5時間以上の遅れや、欠航などは経験しないで済めばそれに越したことはありませんが、万が一経験してしまった場合、上のようなサービス利用があることも思い出してみてください。

======

【追記】


その後、エールフランスの10労働組合の内、9組合(パイロットの組合 SNPL, Alter、地上職員の組合 CGT, FO, SUD、キャビンアテンダントの組合 SNPNC, Unsa-PNC, CFTC, SNGAF)は、スト中止を発表しました。
パイロットの第二の組合SPAFのみ、スト決行の意志を表示しています。

(冠ゆき)


参考記事:
Internaute

Le monde

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.428エールフランス航空2018年6月のスト情報(+追記までご覧ください)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について