× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年6月 4日

以前No.25 や、No.14 の記事にも書きましたが、フランス北部は、繊維産業で大いに栄えた歴史を持っています。


今でもルーベ(Roubaix)をはじめ、このあたりには、赤レンガ造りの工場跡が多く残っていて、いくつかは、博物館、美術館、学校、アウトレットのショッピングセンターなどとして活用されています。


そのうち、19世紀半ばに建てられたMotte-Bossut et Cie(モット・ボシュ社)の紡績工場は、現在、フランスの経済関係の文書、映像などを保存管理するセンター、Les Archives nationales du monde du travail(ANMT)が入っています。ANMTは、フランス文化省所属の機関です。


425-1.JPG

モット・ボシュ旧紡績工場


うまい訳語が見つかりませんが、このANMTは、言ってみれば、経済文書専門の図書館+視聴覚センターのような場所で、一般人も登録すれば、データ参照が可能です。


ANMT
住所:78 Boulevard du Général Leclerc, 59100 Roubaix
閲覧室の開館時間:火曜~金曜、9時~17時
最寄り駅:地下鉄2番線 Eurotéléport下車、またはRoubaix行きトラムEurotéléport駅下車


425-2.JPG

入り口はこちら


さて、このANMTでは、現在五月危機についてのエキスポ「Usine Mai 68」を開催中です。学生運動に始まり、労働者に波及して、多くの工場、交通機関がマヒした1968年の五月危機。労働者の大半、総勢700万人がストに参加しました。


2018年は、五月危機からちょうど50年ということで、さぞかし話題に上るものと思っていましたが、意外なほど耳にすること少なく、5月も終わってしまった感があります。


425-3.JPG


その中で、このルーベのエキスポでは、工場での五月危機に絞った内容ながら、当時の空気が、感じられるよう工夫されています。ただし、展示はすべてフランス語。映像もフランス語のみですので、残念ながら、観光客向けではありません。また、何の前知識もなく行くと、分かりづらいかもしれません。その点どうぞご留意ください。

「Usine Mai 68(工場、五月危機)」展
会期:2018年5月17日~9月16日
時間:月曜の9時~12時、火曜~金曜の9時~17時
入場料:無料


425-4.JPG


なお、旧モット・ボシュ紡績工場の建物は、なかなか威容を誇る外見です。
近くを通る機会があれば、ぜひ外からでもご覧になり、当時の繁栄ぶりを偲んでほしい建物のひとつです。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.425ルーベ経済文書センターで見る五月危機のデータ展