トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー 投稿日:2018年4月10日

フランス北部リールの国立オーケストラについては、これまでも、No.173 No.318 No.322 などで書いてきました。1976年に創設したのは、指揮者Jean-Claude Casadesus(ジャン・クロード・カザドゥシュ)。そののちも、リール国立オーケストラを率いてきましたが、40周年を迎えたのちに、ディレクターの座を若手指揮者アレクサンドル・ブロック(Alexandre Bloch)に譲りました。


415-1.jpg


そのカザドゥシュですが、それ以後も、要所要所で腕を揮っており、今期も同様です。
少し告知が遅くなりましたが、今週4/12(木)13(金)予定されている「L'âme russe(ロシアの魂)」はなかなかのお勧め。
ロシアものは好き嫌いが分かれやすいものの、日本でも親しまれている選曲ですので、どなたも楽しめるのではないかと思います。


プログラムは以下の通り

・ムソルグスキー 「禿山の一夜」
・プロコフィエフ 「ヴァイオリン協奏曲第二番 Op.63」
・ムソルグスキー 「展覧会の絵」


「禿山の一夜」は、ディズニー映画『ファンタジア』で一躍有名になった曲。実は今知られているのは、元の曲にリムスキー=コルサコフが手を入れたものです。最後の日の出とともに静けさが戻る場面の音楽は、元のヴァージョンにはなかったものです。


続くプロコフィエフの「ヴァイオリン協奏曲第二番」。プレスリリースによれば、作曲者のプロコフィエフは、これほどあちこちの国で書いた曲はない、と記しているそうです。『第一楽章のソロの部分はパリで書き、第二楽章はヴォロネジ(ロシア)で、オーケストラ用編曲はバクー(アゼルバイジャン)で書き終えた。初演は1935年12月マドリッドでのことだった』(プレスリリースより翻訳引用)。


415-2.jpg
アレーナ・バーエワ


今回のコンサートのヴァイオリニストは、ウズベキスタン出身のアレーナ・バーエワ。リール国立オーケストラとは、4年半前、カザフスタンで公演をともにした仲です。


ムソルグスキー「展覧会の絵」は、よく知られているように、もともとはピアノ曲。夭折したヴィクトル・ハルトマンの遺作展が、ムソルグスキーを触発し、生まれた作品です。どんな曲だっけ?と首をひねる方も、各絵画の間に挿入されたテーマ「プロムナード」を聞けば、ああこれか、と頷くほど、日本においても知られる曲となりました。
この「展覧会の絵」は、多くの音楽家にインスピレーションを与え、幾通りもオーケストラ編曲がなされました。今回演奏されるのは、その中でもおそらく最も多く演奏されているラヴェル編曲によるものです。


コンサートは、4月12日、13日ともに20時から
場所はリールのヌーヴォーシエークル(3 Place Mendès France, Lille)
地下鉄 Rihour駅から歩いて4分の距離です。
値段は5ユーロ~50ユーロ
予約はこちらのサイト から。


クラシック好きな方にもそうでない方にもお薦めのコンサート。お近くの方は是非どうぞ。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.415リール国立オーケストラの奏でる「ロシアの魂」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について