× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年2月24日

遠回りしてでも行きたいルイ・ヴィトン財団


パリの西部ブーローニュの森に三年ほど前、突如として現れた感のあるルイ・ヴィトン財団。フランク・ゲリー(Frank Gehry)による建築そのものが芸術品のようで、見学の価値がありますが、現在開催中の『Being Modern: MoMA in Paris』(ニューヨーク近代美術館)展は、並んででも見る価値があります。


408-1.jpg

ルイ・ヴィトン財団外観写真 ©Iwan Baan / Fondation Louis Vuitton


もっと早く紹介するつもりが、気が付けば、3月5日の開催期間終了まであと1週間強となってしまいました。



並んででも見たいMoMA展は3月5日まで


408-2.jpg

第一ギャラリーの展示の様子。©Succession Brancusi -All rights reserved (Adagp)2017 ©Succession Picasso2017 ©Fondation Louis Vuitton / Martin Argyroglo


このMoMA展では、ピカソやセザンヌ、マティスといったMoMA(ニューヨーク近代美術館)の所蔵する傑作が、惜しげもなくどどんと並びます。広い空間には、絵画以外にもオブジェの類、映像作品なども展示され、見学者はだれもがMoMAコレクションの世界に引きずり込まれます。


408-3.jpg

Paul Signac Sur l'émail d'un fond rythmique de mesures et d'angles, de tons et de teintes, portrait de M.Félix Fénéon en 1890, Opus 217. The Museum of Modern Art, New York, DOn de M.et Mme David Rockefeller, 1991


また、MoMA自体の歴史を振り返る展示も興味深いもの。館内には無料Wi-Fiも通っており、ルイ・ヴィトン財団のアプリをインストールすれば、自分のスマホやタブレットでオーディオガイドを聞くことができます。


408-4.jpg

第4ギャラリー展示の様子© ADAGP, Paris 2017 pour l'oeuvre de Romare Bearden ©Estate of Roy Lichtenstein New York / ADAGP, Paris 2017 ©Fondation Louis Vuitton / Martin Argyroglo


408-5.jpg

日本の絵文字も並びます!Shigetaka Kurita ©2017 NTT DOCOMO ©Fondation Louis Vuitton / Marc Domage


16世紀のポリフォニーに癒される空間


見学は、下の階から上へと上がっていくように順路ができています。一番上の部屋に行きつくころには、かなりお腹一杯という気分になりますが、ここで、忘れず覗いてほしいのが、ギャラリー10にある、Janet Cardiffによる音楽散歩の試み、The Forty Part Motetです。


408-6.jpg

Janet Cardiff作品の展示の様子、第10ギャラリー©2017 Janet Cardiff ©Fondation Louis Vuitton / Marc Domage


聖堂を思わせる天井の高い部屋入っていくと、楕円を描くように40のスピーカーが並びます。これらのスピーカーは、ひとつずつにコーラスメンバーの声ひとりが割り当てられています。それぞれのスピーカーから流れ出る声は、やがて、16世紀のポリフォニーミュージックSpem in Aliumを奏ではじめるのですが、驚くほどの癒し効果を感じました。
思い思いに腰を下ろしたり、立ったまま、もしくは歩きながら、耳を傾ける見学者たちもみな、安らいだ表情。目を閉じる人も少なくありません。


最後のウィークエンドはイベント三昧!


3月5日で終わってしまうMoMA展ですが、最後の週末、3/2-4は、特別イベントが目白押しです。

まず、開館時間の延長。この三日間は、朝9時から23時まで開館


オーディトリウムで予定されているイベントは下の通り。

3月2日(金)

19時―20時半:「ビヨンセのように踊ろう!」ダンスのレッスン(別料金)
21時半―22時半:コンサート「プリンセス ノキア」(別料金。こちらはすでに満席)


3月3日(土)

14時―19時:DJによるアメリカ音楽
21時半―22時半:Dan Deacon コンサート(別料金はいりませんが、要予約)

408-7.jpg

Dan Deacon ©Frank Hamilton


3月4日(日)

14時―18時:ファミリー向けのアトリエ。ポップアートをまねたクリエーション。



予約の勧めと行き方

すべての予約はこちらのサイト から。混雑が予想されますので、美術館のチケットも、時間を決めて予約しておくことをお勧めします。


住所:8, avenue du Mahatma Gandhi, Bois de Boulogne, 75116 Paris
行き方:メトロ1番線Les Sablons駅が最寄り駅。または、凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場のFriedland通りの角から、15分おきに有料(往復2ユーロ)ミニバスが出ています。ミニバスの中で、美術館の入場券を買うことも可能です。

(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.408ルイ・ヴィトン財団MoMA展最後の週末がすごいらしい