× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.384「文化遺産の日」!フランス北部で今年注目したいのは?

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.384「文化遺産の日」!フランス北部で今年注目したいのは?

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 投稿日:2017年9月11日

毎年9月になると待ち遠しいのが、第三週末。今年2017年は9/16-17日にあたります。この週末二日間は、「ヨーロッパ遺産の日」とされ、フランスでも、パリをはじめ多くの町で、合計17000に上る歴史的建築物や文化施設が公開され、無料のイベントが多く開かれるからです。

384-1.jpg
© MC-Atelier


第34回目となる2017年のテーマは、「若者と文化遺産」。特に、若い世代に、文化遺産の大切さを実感してもらおうという狙いです。

フランス全国版のプログラムはこちらのサイト から。
警備の問題から、要予約の施設もありますので、ご注意ください。


リルでは、プロジェクション・マッピングコンクールも


フランス北部の町リル(Lille)では、ここ数年恒例となったプロジェクション・マッピングのコンクールが、金曜夜から始まります。


106-1.JPG


今年の開催場所は、Place Simon Vollant(シモン・ヴォラン広場)にあるPorte de Paris(パリ門)。リルの市庁舎や鐘楼のすぐ近くです。
行き方:地下鉄2番線のMairie de Lille下車。
日時:9月15日(金)と16日(土)の21時から0時まで。
見学無料。

詳しくはこちらのサイト をご覧ください。


トゥルコアン/ルーベでは、前夜に花火ショー


トゥルコアン(Tourcoing)では7年前から隣のルーベ(Roubaix)と共同で、この「文化遺産の日」イベントを企画しています。今年も同様で、まず15日(金)には、前夜祭として、2015年に新しくできた45000㎡のスポーツ施設Kipstadiumが公開されます。

場所:Kipstadium(トゥルコアンの70 rue de l'Union)
行き方:地下鉄2番線Mercure駅下車。または、地下鉄/トラムのTourcoing CentreかEurotéléportから、バスLiane 4に乗りUnion下車。
日時:15日17時~21時まで30分おきに施設見学。
21時半~22時、音楽に合わせた花火ショー


このところめっきり寒くなってきたフランス北部。木曜からは、最低気温が10度を下回る予報となっていますから、夜は十分温かくしてお出かけください。


そのほか、トゥルコアン/ルーベ共通の週末プログラムはこちら をどうぞ。


トゥルコアンのタージマハール


今年のイベントの中で、私が最も気になっているのは、トゥルコアンのヴェシエ城(château Vaissier)。

384-2.JPG


またの名を「コンゴの城」とも呼ばれるこの建物は、ルーベ出身の石鹸製造業者だったヴィクトール・ヴェシエ(Victor Vaissier)が、19世紀終わりに、建築家エドゥアール・デュピール=ロザン(Edouard Dupire-Rozan)に作らせたものです。ヴェシエが東洋スタイルを希望したため、インド美術に多くのヒントを得た作りとなっていました。
当時のヴェシエ城の様子はこちらのサイト に載っている絵葉書に見ることができます。


過去形で書いたのには理由があり、このヴェシエ城は、建設当時は5ヘクタールの広大な土地に建っていたのですが、ヴェシエ氏の死後、紆余曲折を経て、1929年にはほとんどが壊されてしまい、今も残るのは、ごく一部だけとなっているのです。それでも、一風オリエンタルな屋根の形に、カラフルなスレート、凝った窓の形などは目を引くものです。


384-3.JPG


週末は、このヴェシエ城の名残の見られる場所をピックアップした冊子が準備され(291 rue du Congo, Tourcoing)、それを参照しながらの散策がお薦めです。ちなみに、この散歩コースをプロデュースしたのは、日蘭アーティストの桑原真理子さんだそうです。


お近くの方、これを機会に、トゥルコアンのタージマハールを偲んでみませんか。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.384「文化遺産の日」!フランス北部で今年注目したいのは?