× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.377厳戒態勢のパリ革命祭

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.377厳戒態勢のパリ革命祭

カテゴリー:お題 / イベント・行事・お祭り / 治安・渡航安全情報 投稿日:2017年7月12日

この週末、日本も連休ですが、フランスも連休です。とは言っても、日本の連休が7月15-17日なのに対し、フランスの連休は7月14-16日。7月14日は、フランスでは国民の祝日。俗にいう革命祭の日です。


377-1.jpg

© Paris Tourist Office -Photographe: Amélie Dupont

毎年7月14日は、フランスではどの町でも花火を上げたり、楽隊が町に繰り出したりして、にぎやかに祝うのが常です。現在日の入りは夜の10時ごろ。そのため花火が始まるのは、早くても11時過ぎとあり、子どもたちは、眠い目をこすりながらの花火待ちとなります。


ご記憶の方も多いでしょうが、去年2016年の革命祭では、ニースで人々の集まる場所へトラックが突っ込むテロが起き、86名の死者と450人のけが人を出しました。この一年で、複数のテロ行為が阻止されたり、テロ計画者が検挙されたりはしましたが、まだまだテロの脅威が去ったわけではないフランス。先日は、非常事態の何度目かの延長が決まり11月1日までと定められました。


そのため、今年の7月14日は、どこも厳重な警戒で、革命祭に臨む計画を立てています。
特に、首都パリでは、アメリカ大統領ドナルド・トランプを招待していることもあり、アメリカ警察の協力も得た態勢となっているようです。


詳しいことは公表されていませんが、パレードのされるシャンゼリゼ通りだけでも、去年と比べて200-300人の警備増員を予定しているといいます。


またこの間、近隣の地下鉄駅は閉鎖となる予定ですので、観光にいらっしゃる方はお気を付けください。
荷物はできるだけ少なくして持ち、身分証明書の携行を忘れないようにしてください。


377-2.jpg

エッフェル塔とアンヴァリッド
© Paris Tourist Office - Photographe: Henri Garat


トランプ米大統領夫妻は、前日7月13日(木)15時半に、アンヴァリッドにて、マクロン仏大統領に迎えられ、その後、エリゼ宮にて会談。共同で記者会見を開いたのち、エッフェル塔のレストラン、ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne)で夕食を予定しています。


そのため、7月13日(木)は、アンヴァリッドやエッフェル塔周囲もかなりの警備が予想されますので、観光に行くなら、別な日を選ぶことをお薦めします。


(冠ゆき)

参考サイト:Le Parisien


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.377厳戒態勢のパリ革命祭