× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.362ユートピアを形にした男:フランス、ギーズのゴダン

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.362ユートピアを形にした男:フランス、ギーズのゴダン

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年3月23日

362-0.jpg

ギーズのファミリステール 社会宮殿の左翼外観
Phot. Xavier Renoux, 2016 © Familistère de Guise


今日は、日本ではまだ知られていない、フランスの珍しいスポット、ギーズを紹介しましょう。


ギーズ(Guise)は、フランス北部。パリとリルを結ぶ高速道路A1のちょうど真ん中あたりから東にまっすぐ70kmほど行った場所にある町です。


フランス北部の町ギーズ


フランス人がギーズと聞いて思い浮かべるのは、16世紀のギーズ公暗殺事件。絵画や音楽の題材にも取り上げられた史実です。そのため、ギーズの場所は良く知らなくても、名前は知っているというフランス人がほとんどのようです。


さて、このギーズ。古くは、11世紀から城が築かれた場所で、今でも小高い丘の上に、中世の城砦がどっしりと残っています。


けれどもこの町に着いた人が、最初に目を惹かれるのは、城砦ではなく、別名「社会宮殿」と呼ばれる建物、ギーズのFamilistère(ファミリステール)でしょう。


362-1.jpg

社会宮殿の広場 Phot. Georges Fessy, 2016 © Familistère de Guise


独学で才を磨いたゴダン


実は、ファミリステールは、今から150年前ほど前、この地にJean-Baptiste André Godin (ジャン・バティスト アンドレ ゴダン)が築いた「ユートピア」なのです。


362-2.jpg

ジャン・バティスト アンドレ ゴダン(Jean-Baptiste André Godin) ©Collection Familistère de Guise


ゴダンが生まれたのは、今からちょうど200年前、1817年のことでした。貧しい家庭に生まれた少年は、長じて鍵職人となります。彼には、発明の才もあり、23歳のときに、鋳鉄を使ったストーブを制作。この製品が当たり、6年後の1846年には、工員30人を使う工場を、ギーズに建設。その後ブリュッセルにも工場を建て、大きな成功を収めます。晩年には、1500人の工員を数えたそうです。


ゴダンはまったくの独学ながら、著書を出し、ジャーナリスムにも手を染め、後年は政治家の顔も持つことになります。確かに写真を見ても、眼光は鋭く、また思慮深さも伝わってくる面貌です。かなりの読書家でもあったようで、サン=シモン(Saint-Simon)やエティエンヌ・キャベ(Etienne Cabet)、ロバート・オーウェン(Robert Owen)らの思想にも通じていました。
特にシャルル・フーリエ(Charles Fourier)の説いた「協同体の創造」には大いに共鳴します。フーリエが理想郷とした共同生活の場、Phalanstère(ファランステール)の建設を援助しようと、ゴダンも私財を投じますが、この企ては残念ながら失敗に終わります。


2000人が共同生活する社会つくり


莫大な損害を被ったゴダンでしたが、援助が失敗に終わったことから、それなら、自分の手元でこの「ユートピア」を作ろうではないかと考え、ギーズの工場近くに、2000人の居住が可能なサイトを作り出すのです。それが、このファミリステールです。
ちなみに、フーリエの描いた理想郷を形にする試みは、19世紀のフランスやアメリカでいくつもなされましたが、成功したのは、ギーズのファミリステールだけでした。


362-3.jpg

社会宮殿の右翼 Phot. Georges Fessy, 2016 © Familistère de Guise


ファミリステールは、長方形の中庭を囲むようにして、四階建てにアパートが並んでいます。四隅にはそれぞれ階段があり、各階とも中庭側に通路があります。どのアパートも、当時としては珍しい大きな窓を備えており、風通しの良い設計となっています。


362-4.jpg

社会宮殿中央パビリオンの回廊 Phot. Georges Fessy, 2016 © Familistère de Guise

362-5.jpg

社会宮殿中央パビリオンにあるアパート内部1950年代の内装 Phot. Georges Fessy, 2016 © Familistère de Guise


中でも注目すべきは中庭で、ガラス製の大きな天井があるため、日が昇っている時間は常に明るく、また雨天でも濡れる心配のない広い場所です。ゴダンはこの中庭を使い、子供祭りなど、いろいろイベントを催し、住民の絆を深めました。


362-6.jpg

1870年6月6日に中央パビリオンの中庭で催された労働祭を祝う様子© Collection Familistère de Guise


ファミリステールを囲むのは緑多い広大な土地で、当時の住環境としてはあらゆる面で非常に贅沢なものでした。


ファミリステールの周辺には、住民のための劇場や、売店も置かれました。住居内での洗濯は、湿気と衛生上の理由で禁じられており、大きな洗濯場を備えた建物も、別に建てました。同じ建物には、なんとプールも作られました。これがまた面白く、底の位置を調節できる仕組みになっていて、利用者のレベルや用途に合わせて、深くも浅くもできるようになっていたというから驚きです。


終生、貫き通した主義


後年は政治家としても活躍し、著名人となっていたゴダンでしたが、主義を変えることはなく、よって、自身も、1888年に亡くなるまで、工員たちと同じように、このファミリステールの一角で暮らしました。


町全体から慕われたゴダンの墓は、ファミリステールを見下ろせる緑地の一角に作られています。


ギーズに建てられたゴダン工場は、19世紀の終わりには、3ヘクタールの土地を使い、1200人が働く場となっていました。大戦を経て、経営母体も変わりましたが、今も、300人が、「ゴダン」マークの製品を作り続けています。


362-7.jpg

社会宮殿と、その北側に広がる広大な庭園 Phot. NAI, 2010 © Familistère de Guise


見学に関しての情報など


2017年は、ゴダン生誕から200周年ということで、いろいろなイベントが企画されています。夏までの主なものを挙げると下の通り。


・4月30日(日)17:30から、コンサート
・5月1日(月)10時~18時:メーデーのお祝い
・6月17日(土)14:30から、ゴダンのモーゾレ公開のイベント


公式サイトはこちら


住所:Place du Familistère, 02120 Guise
開館時間:毎日10時~18時
休館日:11月から2月までの月曜日と、年末
見学料:9ユーロ、10歳未満は無料


かなり広く、また複数の建物があるため、じっくり見て廻っていると、2,3時間はすぐに経ってしまいます。


近くに鉄道が走っていないため、車がないと行きにくい場所ではありますが、行って損はありません。機会があれば、ぜひ寄ってみてください。


なお、敷地内の元売店だった場所は、今はちょっとした食堂になっており、地方料理の軽食などが味わえます。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.362ユートピアを形にした男:フランス、ギーズのゴダン