トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.360この春パリ、ギメ美術館でアジアの美を愛でる

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.360この春パリ、ギメ美術館でアジアの美を愛でる

カテゴリー:お題 / 文化・芸術・美術 投稿日:2017年3月15日

パリのルーヴル美術館へ行ったことがある人は、ああ、なんといってもここでは、世界の中心がヨーロッパなんだなぁ、と思ったのではないでしょうか。


実際、ルーヴル美術館で「オリエンタル」といえば、メソポタミア。アジアや東洋の美術は皆無です。
では、フランス人は東洋美術に興味がないかというと、そんなことはありません。実はパリには、ルーヴルの東洋部の役割を果たす美術館が、別に存在するのです。


360-1.JPG

ルーヴル美術館の東洋支部「ギメ美術館」


その名前は、ギメ東洋美術館。パリ凱旋門から、イエナ(Iéna)通りをセーヌの方に降りてきたところ、地下鉄で言えば、メトロ9番線のイエナ駅を降りてすぐの場所に位置します。6番線の通るトロカデロ(Trocadéro)駅から歩いても大した距離ではありません。


ギメ東洋美術館には、ガンダーラ美術やクメール美術、インド美術などが並び、日本、韓国、中国も混ぜられることなく、きちんと区分けして展示されていて、非常に見ごたえのある内容となっています。


このギメ東洋美術館で、現在2つの展覧会が行われています。ひとつは常設展示室内で行われているアレクサンドラ・ダヴィッド=ネール展。もうひとつは地下の特別会場で行われている着物展です。


強い意志を貫いた一生、アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール


360-2.jpg

Râhula(19世紀末、チベット)
Crédit photo : RMN-Grand Palais (musée Guimet, Paris) © Michel Urtado


アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール(Alexandra David-Néel)は、19世紀に生まれ、オペラ歌手のキャリアを経て、探検家、東洋学者となった稀有な人物です。

外国人の入境が難しい時期、非常な困難を乗り越えて、チベットのラサに到達した最初の外国人女性でもありました。


一言では述べられない波乱に満ちた一生を送った彼女が、東洋から持ち帰った貴重な資料が展示されています。アレクサンドラについてはこちらの記事「100歳まで絶えなかった知的探求心。女性探検家アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール」 に最近紹介しましたので、興味のある方はぜひお読みください。現代の私たちにも多くの勇気を与えてくれる桁外れのエネルギーを持った女性です。

360-3.JPG

ギメ美術館内アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール展会場

日本の美を再発見するキモノ展


もうひとつの着物展は、貴重な松坂屋コレクションの協力を得たもので、題して「Kimono, Au Bonheur des Dames(着物、オ・ボヌール・デ・ダム)展」。

360-4.jpg

滝と扇模様の小袖(18世紀後半)
Crédits : J. Front Retailing Archives Foundation Inc./Nagoya City Museum


江戸時代という歴史的背景の説明から、町人や武家、公家などの身分の違いも、簡潔にまとめてあり、着物の文様の移り変わりを説明しています。


残念ながら、帯との組み合わせや、京風、江戸風の違いなどの説明はありませんが、着物を見たことがない人にも、その魅力が分かるように展示されていると思いました。


詳しくは、「いまふたたびパリで高まる熱。極東へのあこがれ「キモノ展」」 に、書きましたので、よろしければ、そちらもご覧ください。


360-5.jpg

紅葉を愛でる会を描いた友禅
Crédits : J. Front Retailing Archives Foundation Inc./Nagoya City Museum


上の記事に書きませんでしたが、着物展の展示の説明はすべて日本語訳(というか、原文の日本語?)もついています。なかなか詳しい説明で、日本人が読んでも、勉強になること間違いなし!もちろん、英語フランス語の説明もありますから、日本語が分からない友人と行っても大丈夫です。


どちらの展覧会も5月22日までの予定となっています。着物展の方は、傷みやすいアンティークなものですから、長く展示ができず、会期中、ローテーションが組まれる予定です。


値段は着物展込みで一人9.5ユーロ。着物展を見て、もう疲れちゃった、という方。チケットは常設展なら購入日より14日間有効ですから、もう一度出直すことも可能です。


常設展だけなら、7.5ユーロ。その場合は、チケットの有効期限は一日限りとなります。


ギメ東洋美術館のサイトはこちら
休館は火曜日。それ以外は10時―18時開館
これから夏にかけてですと、5月1日も休館ですので、ご注意ください。


(冠ゆき)

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.360この春パリ、ギメ美術館でアジアの美を愛でる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について