トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.346アレシャンスキ展フランスではまだまだ続きます

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.346アレシャンスキ展フランスではまだまだ続きます

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年12月15日

No.339 でも軽く触れましたが、先週の12/8までBUNKAMURAでは、Pierre ALECHINKSY(ピエール・アレシャンスキ)展を行っていました。


実は、このアレシャンスキ氏、同時にオランダとフランスでも展覧会を出していました。日本のものは終わってしまいましたが、フランスとオランダはまだ開催しています。オランダは1月まで、フランスのマティス美術館のものは、3月までとまだまだ続きますので、冬休みフランス北部を通る方は、ちょっと思い出してみてください。フランスの展覧会は、特に本の装幀にアクセントを置いたものですが、キャリアを振り返るにふさわしい各年代の作品も、かなりな数、展示されています。


339-1.JPG

ル・カトー・カンブレジのマティス美術館


こちらの記事 に詳しく書きましたが、アレシャンスキ氏は、若いころ日本へ書道を学びに行ったことがある人物です。前衛書道家たちと交わった経験が、その後の画風にも大きく影響していると、専門家は分析しています。


346-1.JPG

個人的に心惹かれた作品、Pierre, Alechinsky, A ciel ouvert (1990)


1955年の訪日の際、アレシャンスキが出会った書道家の中には、今も100歳を越えて現役である篠田桃紅がいました。ちなみに、篠田桃紅コレクションは、岐阜現代美術館 で見ることができます。


アレシャンスキ氏の作品は絵だけでなく、陶器や、版画などさまざま。常にいろんな表現方法を試してきたアーティストなのだなぁ、と分かります。


346-2.JPG

Pierre Alechinsky, Après nous (1980)


先月アレシャンスキ氏にインタビューする機会を得ましたが、いろいろ話してくれた中で、画家の孤独について語った言葉が心に残りました。「画家っていうのは、四面を壁に囲まれてね、描くしかないんだよ」。それはそれは孤独だよ、という気持ちが込められているように思いました。


また、「頭の中には1955年の日本が残っているから、日本へはもう行きたくないんだ。日本だけじゃない、ブリュッセル(氏の出身地)にだって、もう行きたくないよ。まるっきり違う町になっているだろうからね」という言葉には、室生犀星の詩「ふるさとは遠きにありて思ふもの、そして悲しくうたふもの...」を思い出したりしました。


339-2.JPG

ピエール・アレシャンスキ氏


その一方で、こっそり「日本で、篠田(桃紅)さんに会ったときねぇ、実は、随分年寄りだなーって思ったんだよー。だって、僕は27だったからねぇ。40の女性なんて、ずいぶん年寄りだと思っていたんだよね」と茶目っ気たっぷりに話してくれたのには、笑ってしまいました。


Bunkamuraで放映されていたアレシャンスキのアトリエ風景のヴィデオには、2016年最新作の円型の作品「A Contrario」が写っていますが、これは、いまル・カトー・カンブレジのマティス美術館に展示されています。(ヴィデオのリンクはこちら


346-3.JPG

Pierre Alechinsky, A Contrario, 2016


マティス美術館の公式サイトはこちら から。
会期は3月12日まで
火曜は休館。また12/25, 1/1も閉館しています。
時間:10時-19時


週末(土・日・祝)のみ、パリ北駅からMaubeuge行きインターシティがあり、ル・カトー・カンブレジに停まるようですが、年末年始は変更もありえるので、駅で事前にお調べください。
車で行かれる場合は、無料駐車場が隣接しているので、そちらをご利用ください。


(冠ゆき)

フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.346アレシャンスキ展フランスではまだまだ続きます

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について