× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.343聖ニコラの日のお菓子とスパイスと十字軍とベルギー・アルデンヌ

フランスフランス/トゥルコアン特派員ブログ

No.343聖ニコラの日のお菓子とスパイスと十字軍とベルギー・アルデンヌ

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / レストラン・料理・食材 / 天気・気候・気温 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年12月 6日

12月に入り、フランス北部では、朝の気温が10時ごろまで氷点下という日が続きました。けれども明日からはまた少し気温が緩むようです。

343-1.JPG

午後になっても凍ったままの庭


さて、今日12/6は聖ニコラの祝日です。以前、No.48 No.277 に書いたように、聖ニコラは、子どもたちの守護聖人です。


50-1.JPG

聖ニコラを模ったチョコレート


フランス北部、東部、ベルギー、東ヨーロッパでは、この日、聖ニコラが子どもたちにプレゼントを持ってくるという風習があります。いまでこそ、サンタクロースが普及(?)しましたが、ひと昔前は、サンタクロースよりも、聖ニコラの方が重要だったようです。


もらえるプレゼントは大抵甘いお菓子。フランス北部ではブリオッシュのようなパンや、スペキュロス、聖ニコラをかたどったチョコレート、オレンジなどが配られます。


48-4.jpg

スペキュロス


ベルギー東部のディナンの名産に、「ディナンのクック」と呼ばれるスパイスのたくさん入ったビスケットがありますが、これも、聖ニコラの日に配られるお菓子として有名です。
最近こちらの記事 で紹介しましたが、これがまた、歯が折れそうな硬さなのです。ちょっとやそっとでは割れないので、旅の土産には向いているかもしれません。賞味するには、どうにかこうにか口に入る大きさに割って、キャラメルのように口の中で溶かすのが正解のようです。


343-2.JPG

ディナンのクック


このディナンのクック、そう言うわけで食べるのは至難の業ですが、ほのかな甘みにスパイスの香りが強く、一度食べると病みつきになる味でもあります。実は、レシピを検索 して、わが家でも何度か作ってみました。
最初は本物らしく大きく作って割るのに苦労したので、二度目は最初から小さく作ってみましたが、一口大より大きいので、もう少し小さくても良かったかなというのが感想です。

343-3.JPG

不格好ですが...自家製ディナンのクック


ところで、このディナンのクック。型にはめて作るところとか、スパイスがたくさん入っているところとか、ドイツ・アーヘンの名物プリンテンに似ているなぁ、と思いました。

343-4.JPG

アーヘンのプリンテン。右の壁に掛かっているのが木型


あとから調べてみると、なんと、ドンピシャリ。ディナンの職人がアーヘンに行って伝えたことで生まれたのがプリンテンなのだそうです。道理で似ているはずです。

ついでに言えば、スパイシーな味は、俗にいうジンジャーブレッドに共通するもの。ポーランドのピェルニクフランスのパンデピスも同じ系統の味に思えます。


343-5.JPG

ポーランド、トルンの名物ピェルニク


もともとスパイス自体、十字軍が持って帰ったという話ですし、そういえば、第一回十字軍の指導者の一人、ゴッドフロワ・ド・ブイヨンは、ディナンと同じベルギー・アルデンヌ地方の町ブイヨンの城主でした。

343-6.JPG

ブイヨンの町、右に見えるのが城壁一部


スパイシーなディナンのクックを口に含むと、そんなことのいろいろが、頭を駆け抜けていきます。

ちなみに、ブイヨンは、アルデンヌの中でも魅力的な町のひとつでお薦めです。詳しい案内記事はこちら に書きましたので、興味のある方は、ぜひ読んでみてください。
ついでに、まとめておくと、ベルギー・アルデンヌ地方についての既出記事は下の通りです。旅行の計画を立てる際の参考になれば幸いです。


ベルギーの森深くアルデンヌのブイヨン城は、昼も夜も楽しめる!

絵本みたいな古い町並みが続く。ベルギー人の愛するアルデンヌ地方の魅力  

ドイツ、オランダ、ベルギーの3か国をまたぐ森からの風景  

童話がリアルに。どこか懐かしいベルギー・アルデンヌのお城たち  

恋するような旅。絵はがきにしたい町ベルギー・ディナンへ


(冠ゆき)

フランス在住者、旅行者の役に立ちそうな情報は、twitter でも流しています。よろしければ、そちらもご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ベルギー旅行へ
にほんブログ村

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

冠ゆき

フランス・トゥルコアン特派員の冠ゆきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フランスフランス/トゥルコアン特派員
名前:冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド、イタリア、中国の生活を経た後、2013年フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40ヵ国。6ヵ国語を解する能力と多様な文化に身をおいてきた経験を活かし、柔軟かつ相対的視点から、フランスと世界のあれこれを切り取り日本に紹介中。
Twitter, Instagram, Facebook DISQUS ID @disqus_MpLAscSgGV

トゥルコアン特派員トップにもどる

その他のフランスの特派員

フランス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

トゥルコアン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フランス > トゥルコアン特派員 > No.343聖ニコラの日のお菓子とスパイスと十字軍とベルギー・アルデンヌ